スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くるくるマンゴー」お手軽ワインの新提案 その2

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


前回は

「食と女はアジアに限る。」

と豪語するアジア通の友人Sが、
ネットショップおススメの食べ方を実践せよと、
ドライマンゴーを手にノムリエの元に現れたという所まででした。


ドライ・マンゴーの画像


さて、白ワインに合うという「くるくるマンゴー」のレシピは、


ドライ・マンゴークリームチーズを塗る。
 ↓
粗挽き胡椒を振り
 ↓
くるりと巻いて食べる


という非常に簡単なもの。

甘い物としょっぱい物を組み合わせるなんて「気持ちが悪い。」
という方もいるかと思いますが、
生ハムとメロン、生ハムと無花果などは
ワインとも良く合う定番の前菜として見かけますよね。

ただし今回の場合は、元々マンゴーというフルーツ自体の糖度が高い事に加え、
ドライフルーツである為にフレッシュ感が低いので、
ワインとの相性はかなり限定的になってしまい少々難しい。。。

フレッシュ・フルーツでは無い分、
マリアージュにはひと工夫が必要なようです。


ところでワインが難しいと思われてしまう要素の一つが
このマリアージュではないでしょうか?

「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」とか、
ソムリエに相談したいが、高いワインを薦められそうで怖い、などなど。。。
難解と思われているワインのマリアージュですが、
ポイントを絞れば、比較的簡単に相性の良いワインを選ぶ事が出来ます。


相性の良いワイン選びのポイント1 「香り・味わいで選ぶ。」

一般にお肉料理には赤ワインが合うとされているのはご存知かと思います。
これは赤ワインを飲む事で、脂肪分が洗い流され
口の中がサッパリとするからと言われています。

しかし肉を食す時、赤ワインであれば何でも良いという訳ではありません。
「口の中がサッパリとする。」という打消しの効果だけでなく、
ワインの香り・味わいにより食材の旨味が増幅するタイプを選ぶ事が重要です。

例えば、レストランで鴨肉のソテーを注文した場合、
オレンジだのリンゴだの大抵フルーツのソースを付いてきます。
家庭ではなかなか本格的なソースという訳には行かないでしょうから、
その場合はドライなタイプのワインよりも、果実味があるタイプのワインを選びます。

臭みが消えるだけなく、肉はワインの香りや甘みと相まって
旨味が増しているのを感じる事が出来るはずです。


相性の良いワイン選びのポイント2 「濃度で選ぶ。」

食事をしていてワインが妙に酸っぱかったり、苦く感じたりする時があります。
酸や苦みはワインの旨味の要素のひとつですが、
料理との相性によっては、これらが強調され過ぎてしまう場合があります。

逆に、ワイン自体は美味しい筈なのに、
食事と一緒だと薄く感じてしまう事があります。
こうした原因のひとつにワインの濃度があります。


酒質と言ったりしていますが、ワインショップに行くとPOPに
「コクのある白」等と書かれているのを目にします。
一般に暖かい地方のワインはブドウが過熟となる為に、
濃い味わいのワインになる傾向にあります。

ワインの産地なんていちいち面倒臭くて覚えてられないという方は、
アルコール度数を参考に選ぶと良いかも知れません。
同じタイプのワイン、例えば白ワインの辛口であれば、
アルコール度数が高い方が濃度のあるワインと考えて良いでしょう。

お料理自体やソースが濃い目なのか、スッキリ目なのかが、
予め分かっているとワイン選びは自然と上手くいくものです。

因みに店内のPOPを読む事が出来ないからなのか、
外国人はラベルに書かれているアルコール度数で
ワインを選んでいる光景を良く目にします。

ドライ・マンゴーの画像


さて、ドライ・マンゴーの場合は、

・甘みが強い
・フレッシュ感は低い

という事なので、
果実味が強くトロピカルで濃度のあるワインが良いと思います。

アメリカ、オセアニアなどニューワールドのシャルドネは
トロピカル・フルーツの様な要素があり、酒質も強めの傾向にあります。
樽香の強くないタイプが値段も手頃で良いでしょうね。


ドライ・マンゴーをくるくるっと巻いて食べれば、
マンゴーの甘さ、クリームチーズのコク、胡椒のスパイシーさが
キリッと冷えたトロピカル系の白ワインと口の中で溶け合いクセになる美味しさですね♪


ドライ・マンゴーの画像


この「くるくるマンゴー」、
手軽に出来るオードブルとしてホームパーティなどできっと重宝しますね。
これからの季節はスパークリングワインも良さそう。
保存が利くのも嬉しいかな。


因みにこんなのも作ってみました。


ドライ・マンゴーの画像


食べる赤ワインソース・マンゴー風味


ドライ・マンゴー、タマネギ、パプリカを千切りにして炒める。
 ↓
赤ワインを加え、煮詰めます。
 ↓
塩・胡椒で味を整え、お好みで醤油を少々。


ドライ・マンゴーの画像


ソテーしたお肉に掛けても良いですし、
ソースと一緒に少し煮込んでも肉が柔らかくなって旨いっす。
お試しあれ。



リンク → 「ミスターマンゴー楽天店」



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

スポンサーサイト

tag : マンゴー ドライ・マンゴー お帰りマンゴー くるくるマンゴー クリームチーズ ヨーグルト マリアージュ 相性 赤ワインソース

「くるくるマンゴー」お手軽ワインの新提案?

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


「食と女はアジアに限る。」

と豪語する男がノムリエの友人にいます。
普段からアホな事ばかりを抜かしているこの男、
実は、暇を見つけてはリュックサックに荷物を詰め込み、
アジア諸国を巡るというワイルドな旅人。

いわゆるバックパッカーを趣味にしている男が
自信満々に言うのですから、
あながち間違いでは無いのかなという気にもなりますが、
この男が現地で何を成してきたのかという真相は、
とても恐ろしくて聞く気にもなれません。

さて、そのちょっとどころでは無い変わった男が、
ネットでちょっと変わった物を見つけたよとノムリエの所にやって来た訳です。
見れば友人Sの手には、セブ島産のドライ・マンゴー

「なぁんだ、そんなの今時どこでも売っているよ。」

とノムリエも思ったのですが、
ところがそうでも無いらしい。。。

ドライ・マンゴーの画像


パッケージはまるで業務用?と思われるほど簡素で、
ドライ・マンゴー自体も大きさが不揃い、そして何だか少し色味が悪い。
と見た目が地味な商品。

ところが味わってみると
従来の様に甘すぎず、自然な味わい。。。

聞く所によると、このドライ・マンゴーは決して業務用ではなく、
ミスターマンゴーというネットショップの店主が
現地で売っていたドライ・マンゴーの味わいに感動し、
パッケージ記載を頼りにアポ無しで工場を訪問。

ドライ・マンゴーで財を成したであろうと思わしき
チョイ悪オヤジな工場長に掛け合い、2年の試行錯誤の末、
日本人の口に合う味わいを完成させたというのです。


たしかに海外のお菓子ってヤツは、甘ければ甘いほど美味しいとされていて、
色々な方にお土産で頂いたりするが、ひと口食べて
「もういらない」となった経験が誰でもあると思います。

ノムリエはドライ・フィグと呼ばれる無花果(イチジク)を干した物が
大好きで良くワインやウイスキーのつまみにしてきたものの、
その他のドライ・フルーツ、特にセミドライのタイプの物は、
まわりに砂糖をまとっていたりして、甘過ぎる味わいと
ジャリジャリとした食感が馴染めず、余り好きになれませんでした。


またマンゴーに関しては、築地で働いていた時、鮮魚店ながら
マンゴーが旬の時期には「太陽の卵」で一躍有名になった
宮崎産マンゴーを取り扱っていた経験もあり、味わいには少し口うるさかったりします。

さてマンゴーには、

・アーウィン
・カラバオ
・キーツ

という種類があります。

アルフォンソなどが有名なアーウィン種は、
果皮が赤みを帯びている為、アップル・マンゴーとも呼ばれ
1個数千円もする高級品もあり、贈答用にも用いられています。

カラバオ種は嘴に似ている事からペリカン・マンゴーとも呼ばれ、
やや小型で黄色の果皮をしています。
価格は数百円程度という事もあり、スーパーなどでも良く売られているので、
口にする事も多いのではないでしょうか。

サイコロ状にカットしてヨーグルトと和えるだけで出来る
手軽なデザートとしてもお馴染みですね。


ドライ・マンゴーに使用されているマンゴーはこのカラバオ種で、
最近ではドライ・マンゴーをヨーグルト
一晩付け込んで食べるというのが流行らしいですね。

はなまるマーケットで紹介されていた。
この「お帰りマンゴー」という食べ方で、
市販のドライ・マンゴーと比較してみました。

すると、果実由来では無い砂糖の不自然な甘みと、繊維の粗さが
市販のドライ・マンゴーには目立ちました。
なるほど、アジア通の友人Sのお薦めに相応しい一品かなぁというのがノムリエの印象。


ああ、本題を忘れる所でした。

本題というのは、休みがなかなか取れず
最近バックパッカー生活を送れていない友人S。

ネットで見つけた、このドライ・マンゴーを購入した際に
説明書に書いてあった食べ方をノムリエに実践せよ。
という事でわざわざやって来たらしいのです。
その白ワインに良く合うレシピというのは、

ドライ・マンゴーの画像


次回へ続く。。。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : マンゴー ドライ・マンゴー お帰りマンゴー くるくるマンゴー クリームチーズ ヨーグルト マリアージュ 相性

牡蠣といえばシャブリ???

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

全国5000万人のオイスターファンの皆様。お待たせいたしました~。
というよりも何よりノムリエが待ち焦がれていたんですが。。。

そうです。
夏の猛暑の影響で今シーズンは不漁が続いていましたが、
シーズン終盤を迎えて、
ようやく立派なサイズの牡蠣に出会う事が出来ました。
この時をどれほど待ちわびた事か。

シーズン当初に、知り合いの中卸で牡蠣を見掛けても、


 ノムリエ:「おっ、牡蠣が出たね~。少し貰っていこうかなぁ!」
 中卸:「無いよ。」
 ノムリエ:「いやいや、この牡蠣だよ。」
 中卸:「食べなくていいよ。って言うかお前には売らないよ。」


と、にべも無い。。。

この様に築地では、時として
買う方より売る方が偉かったりします(笑)

とはいえ、確かにシーズン当初は小粒なモノが多く、
正直モノも余りよろしくありませんでしたからね~。

魚河岸にいた仲間には下手なモノは出せない!
っていうプライドなのでしょうか?


牡蠣1の画像
まずは生牡蠣で・・・。

ぷりっぷりとした食感と
じわ~っと凝縮された濃厚な味わいが堪りません。


さて、いつも悩んでしまうのが牡蠣と一緒に

「何を飲むか?」

という事ではないでしょうか?教科書的にいえば、

シャブリ
・ミュスカデ

ではありますが、幾らかの
生臭さが口の中に残るという方も多いのではないでしょうか?

丁寧に牡蠣を下処理すれば、それほど気にならなくはなりますが、
牡蠣好きとしては、その分牡蠣本来の味わいが損なわれてしまう気もします。

漫画「美味しんぼ」でも取り上げられていた様に、こと生牡蠣に関しては、
やはり日本酒ではないか?とノムリエも思っています。

それでも、例えば「寿司を食べに行っても」、「中華料理を食べに行っても」、
ついついワインを欲してしまうというのがワイン・ラヴァーの悲しい性。。。

そこで、牡蠣にひと工夫。


牡蠣2の画像
牡蠣のオイル漬け


油をひかず、熱したフライパンにオイスターソースを一振り。
 ↓
水分が抜けてきたらローリエなどハーブとニンニク、鷹の爪を加えたサラダ油に浸します。
 ↓
冷蔵庫へ、味がしみたら完成。


翌日~1週間くらい楽しめます。

ちょっとひと手間で様々なワインと合う前菜になりますし、
急なお客様にも対応できるお洒落なツマミに!

保存が利くのも嬉しい☆
冷蔵庫に常備して置きたい一品ですね~。


<50ccバイクの珍道中記 タイムロス 編>
ノムリエパワーはタマネギをみると「尼崎のおっちゃん元気かなぁ~?」といつも思い出します。
20代の時に、色々悩んだ時期があり、その頃の一人旅の話の続きです。。。

さて、さすがに4日目ともなりますと疲労困憊でした。
1日8時間位50ccバイクに跨っているのに加え、前日は嵐との戦い。
台風さえなければ伊勢神宮も拝めたし、今頃四国に入っていたかも知れないのに・・・。いっそ50ccバイクを捨てて大阪から新幹線で帰ろうかとも思いました。

でも、何も達成しないまま帰ってしまうのも何だか勿体無い。
天気も良いですし、ゴールまではあと少し(?)という事もあり
頑張っちゃおうかなぁ~。

と言うことで出発。
信楽の里でタヌキに見送られ、宇治を経由し一路大阪を目指します。

さて、大阪に着いたのは良いのですが、ここからが問題。
淡路・香川と渡り、うどんを堪能したいのですが
行き方が分からない。。。ろくに調べもせずに飛び出してきた罰ですね。


確か大阪からフェリーが出ていたと思ったので、まずは交番で確認。
「すみません。50ccバイクで淡路島に渡りたいのですが」と聞くと、
「そんなんは、明石からバンタンキセンに乗ったら、ええんちゃうの」とお巡りさん。

なるほど~、良い事を聞いた。そんな便利なものがあるのね~。
それならば、明石焼きも食べられて一石二鳥!と一路明石港へ向かいます。

明石港に着きさっそくバンタン汽船へ、ところがなんだか船が小さい。
こんなんでバイク運べるのかと疑いつつ
待合室に行くと自転車の料金表はあるけどバイクの料金表がない。。。

「ガーン!騙された。」

昔、漫才のネタで

東京人は道聞いても「知らん」と冷たい、大阪人は道知らんでもテキトーに教えよる。

というのがありましたが、まさにそれかぁ!と思いました。
(本当はちょっとした勘違いと確認ミスだったんですけどね。)

なんと大きなタイムロス。。。

明石焼きにもありつけず、それでは仕方無しにと神戸に向かいました。
一番安い乗船券を購入し部屋へ、
さすが一番安い部屋ともなると、エンジンルームに近い大部屋。
ですので当然窓も無く折角の神戸の夜景も見る事無く、今夜はここで1泊です。

薄っぺらの寝具が隅の方にあり、そして何より揺さぶられるエンジンの振動の中で
眠れるかなぁ~と心配しながら、就寝の準備をしている時でした。

「兄ちゃん、どっから来たの一緒に飲もうや!」

と声を掛けてくれる人が、見ると同じ大部屋に60代の夫婦が2組。
聞けば愛媛に里帰りという、威勢の良い尼崎の土建屋のおっちゃんでした。

それから、おっちゃんのビールと摘みで乾杯し、しばしの宴会がスタート。
東京から50ccバイクで四万十川を目指す私の話を興味深く聞いてくれました。
(もうひとりのおっちゃんは関西弁過ぎて何を言っているのか分かりませんでしたが・・)

自宅を出てからは殆どの時間をバイクに跨っていたので、
久しぶりに交わした会話で、心が温かくなる気がしました。

旅も4日目が終了となり疲労も蓄積していましたが、
もうすぐ四万十川に到着する喜びと
人の温かさに触れた事で新たなパワーが沸いてきた気がしました。

「一期一会ってとても大事だなぁ」と思う様になったのは、
このおっちゃんとの出会いがあったからかも知れません。

さぁ、夜が明ければいよいよ四国です。(不定期でつづく)

50ccバイクの珍道中記 嵐を呼ぶ男 編 【タイムロス 編】 四国 - 帰途 編


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

tag : 牡蠣 シャブリ オイル漬け マリアージュ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

直接圧搾法 塩焼き ばんぺいゆ アルザス 真魚鰹 コンフィ  辛口  鰤しゃぶ 金目鯛 相性 磯辺焼き ビール 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ リースリング・ビール ローヌ ノドグロ シャンパーニュ法 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン 新羽田国際空港 ラーメン もやさま サヨリ ホルモン 田町 コラーゲン 観賞用 シャンパン ビーツ スープ 精巣 白ワイン ワインの王 ブリオッシュ リュットレゾネ 牡蠣 東京国際フォーラム カンプターラー・テラッセン ヴィサン ボルシチ アルタ・エゴド・パルメ ウニ 針魚 マグロ 赤ムツ オイル漬け ホタルイカ 鰤(ブリ) ブルゴーニュ セニエ法 スロヴェニア  焼き鳥 レシピ ミョウバン 王のワイン シャトー・パルメ マナガツオ ムラサキウニ 刺身 焼酎 とさかバーガー 晩白柚 らっきょう ビオロジック チーズ 世界三大スープ フルボディ もやもやさま~ず  余り  煮込み 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り レストラン タマネギ 赤ワインソース ヨーグルト メジマグロ  ロゼワイン ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ パスタ ワイン ウッドブロック・サクラ・シラーズ ボルドー フランス シャブリ ドメーヌ・ルモリケ バルバレスコ 羽田空港 バローロ オーストラリア カベルネ・ソーヴィニヨン テロワール スロベニア 上品 ご馳走 ピエール・フリック マッシュルーム 二郎系 サヨリの様な トサカ マルゴー ブリュンデルマイヤー B級グルメ マテ貝 鶏冠 ツマミ 高級魚 南アフリカ 血合 ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル 作り方 ハブ空港化 港区 毬うに バターフィッシュ スパゲティ カルパッチョ 鍋物 こまい 赤ワイン 桜海老 ソーヴィニヨン・ブラン 活〆 ゴーヤ ラーメン・ゼロ グリューナ・フェルトリーナー シラーズ コート・デュ・ローヌ/モルドレ シャンパーニュ ミディアム・ボディ ドメーヌ・ガントランディ チョンゴル ドメーヌ・クロ・マリ シャンピニオン・デュクセル 江戸 テリーヌ ベルトネ タイラギ スパークリング クロ・バガテル  食べ方 白身魚 シロコロ ビオワイン  真鱈 コンドロイチン モツ 酒精強化 ピエモンテ バルサミコ酢 オーストリア・ワイン ロゼ・ワイン フォーティファイド パテ ザボン ゴーヤ・チャンプル キノコ ニュージーランド ピノー・デ・シャラント 簡単 ひうお コート・シャロネーズ 初がつお 九龍 泡盛 ラングドック コニャック マリアージュ 内臓系 氷魚 イタリア 冬瓜  ラム肉 コプチャン パテ・ド・カンパーニュ うに ひお 貝ヒモ マンゴー タイラ貝 ラムチョップ 丼物 日本酒 お刺身 本鮪の子供 ベジポタ系 ビオディナミ フリザンテ 獣系 ドライ・マンゴー サワークリーム 7年 砂肝  クリームチーズ 魚醤 白子 メイタカレイ 白身 ジャック・セロス ナンプラー お帰りマンゴー フジッリ クリスマス くるくるマンゴー 魚粉系 アボカド パン粉焼き オニオングラタンスープ  くもこ 氷下魚 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。