スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読め無い→ 「蟶、馬蛤、馬刀」春が旬の貝。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


ノムリエが良くリリーディングしている本に、
五木寛之の「生きるヒント」があります。
中でも、好きな一説は第1巻の「買う」というテーマです。
(何度読み直した事か・・・。)

ノムリエなりに要約すると、

「買う」という行為は、現代の日本では、
経済活動以外の何モノでも無く、
そのプロセスは失われてしまっている。

一方で、シルクロードの基点でもあったペルシャ地方では、
「買う」という行為自体が文化に昇華しているというのです。

そういった高度な文化の社会では、「買う」という行為も
単なる経済活動だけでなく、そこで得られる情報であったり、
或いは人間関係でさえも「買う」という行為に包括されている。


こうした文化が現在の日本でも色濃く残っている世界。
それが築地市場なのではないかなぁと思っています。

映画「always 三丁目の夕日」の様な世界観といいますか
古き良き日本のスタイルが色濃く残る築地では、
買い物もスーパーやコンビニの様にはいかず、
魚を1尾買うのも、冗談を言い合ったりして容易ではありません。

まあ、そもそも値段もあって無いようなもんですしね~。

だからこそ交渉に辿り着く前のトークが
値段を左右したりして大事だったりする訳なんですけどね。

こうした情報のやり取りが、無駄では無く、
新たな付加価値を生み出したりして、売る方も買う方もお互いに
プラスになっていくんじゃないかなぁ思っていたりします。


さて先日、築地を歩いているとマテ貝を見つけました。

マテ貝は円筒形をした10~15cmの2枚貝なのですが、
貝殻はべっこうの様ですが薄くて何とも貧弱。
しかも両端は、このペラペラな貝殻ですら覆われておらず、
少し身がハミ出ていたりして、とても奇妙。。。

この貝は、巣穴に塩を入れるとビックリして、
ニョキっと飛び出してきてしまうのを利用して漁が行われています。
う~ん、形だけでなく習性も奇妙。。。

ですが、食べるとこれが何とも旨い。
ちょっとB級っぽい味わいがまた良かったりする訳です。

この時期、居酒屋の定番メニューとも言えるマテ貝
バター醤油で仕上げたら、さぞかし旨いだろうなぁと思った訳ですが、

それだけでは、ちとツマラナイ。。。そこで、

「これはどうしたら良いの?」

といった具合に、すこし含みを持たせる質問をしてみました。
つまり答える側は、


・一般的な調理法を答える。(期待価値)
・鮮度や季節に応じた食べ方を答える。(願望価値)
・意外性のある答えを言う。(予想外価値)


という選択肢がある訳ですが、
流石というか今回は見事にやられました。
「ニヤリ」と笑って提供された
予想外価値のお答えがコチラです。


マテ貝のパン粉焼きの画像

白ワインで蒸し焼きにして、殻が開いたら
 ↓
トマトソースとパン粉を載せて、トースターで焦げ目が付いたら出来上がり。

マテ貝のパン粉焼きの画像
マテ貝のパン粉焼き


マテ貝といえばバター醤油、
という固定概念が見事に壊された一品となりましたねぇ。

某通販会社ではないですが、
買い物って「エンターテイメント」だなぁと思ったり致しました。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

tag : マテ貝

春が旬のホタルイカを喰らう。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

を迎えたホタルイカを築地でも見かけるようになりました。
ホタルイカは一般に4月~5月がと言われ、
名産地である富山湾での漁もこの時期に最盛期となります。

興奮すると足や腹部に持つ発光体を光らせる事から
「海の宝石」「富山湾の宝」とも呼ばれ、
その美しい夜景を見ようと多くの人が観光に訪れています。

このイカは、身が柔らかく鮮度が落ちやすい為に、
築地に入荷されるのは、浜茹でしたものが殆どなのですが、
最近は品質管理が向上したお陰で、生のホタルイカも見かける様になりました。


ところでホタルイカ、ボイルの場合はそのままでもいけますが、
生の場合は内臓を取るひと手間が必要となります。

というのもホタルイカの内臓にはアニサキスと呼ばれる
寄生虫がおり、感染した場合は病院で外科的に摘出するのですが、


これが非常に痛い☆


毎年、になると全国の食通たちが多く罹患する為、かつて厚生省から
ホタルイカの生食を控える様に」との通達が出た事もありますが、
その後も感染する人があとを絶たないのは、文字通り
「やみつきになる程旨い」という実にシンプルな理由から。。。

さて、ホタルイカといえば、

・酢味噌和え
・沖漬け
・干しホタルイカ

が絶品なのですが、
いずれも最高の酒の肴であるために、ホタルイカが好きというと
なんだか、と~ってもオヤジくさい
酒飲みの様なイメージを抱かれてしまいますね。

そこで本日の1品

ホタルイカの和風パスタの画像
ホタルイカの和風パスタ


ホタルイカの目と嘴を取り、塩水で軽く洗う。
 ↓
ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒める。
 ↓
茹でたパスタを加え、具を混ぜ合わせる。


仕上げにお醤油をひと垂らし。
今回はフレッシュトマトとバジルも加えてみました。

実はホタルイカはオリーブオイルとの相性がバッチリ。
と~っても柔らかで、ぎゅぎゅーっと凝縮されたホタルイカの旨みが
ガーリックオイルと絡んで実に美味なのです。

タウリンたっぷりですから、風邪の予防にも☆
気温の変化が激しく、体調を崩しやすいこの時期にピッタリのメニューですね。

イカはワタを抜いたり、皮を剥いたりと下処理が面倒という方も多いと思いますが、
ホタルイカなら手軽に調理出来ますし、クセが無いので色々なお酒とも相性が良さそう。

皆さんならどんなお酒と合わせますか?


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

tag : パスタ スパゲティ ホタルイカ

春を告げる魚「サヨリ」。淡白な旨みを刺身で堪能。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

を告げるの魚介に「サヨリ」があります。

さよりの画像1

3月~5月にを迎えるサヨリは、長く突き出た下あごが特徴で、
その細く真っ直ぐな見た目から細魚、針魚と漢字で表されますが、
中でも大きいサイズの物は、(かんぬき)とも呼ばれています。

煌びやかな銀色と透き通るような身質、
刺身や塩焼きはもちろんですが、とても繊細な味わいなので
しばしば天ぷらや椀物のタネとして使用される和食には欠かせない食材。

また、秀麗な見た目から「まるでサヨリの様な」という表現を
しばしば女性に用いられますが、実はこれは褒め言葉ではありません。
というのも、見た目の美しさとは異なりサヨリのお腹を開いてみると、
中は真っ黒な腹膜で覆われているからです。

つまり、「まるでサヨリの様な」という表現は、
見た目はよろしいが腹は黒いという悪口なのですね。

さよりの画像2
ほら、お腹は真っ黒。


さよりの画像3
さっそくお刺身で頂きました。

非常に淡白な味わいながら、サヨリは脂がのっていて滑らか。
お醤油ではなく軽く塩を振り、柑橘系を搾って食べたら最高!
日本酒がすすむ事間違いありません。

クセが無いのに非常に味わい深く、
繊細で奥行きのある味には美味しいを通り越して感動すら憶えます。

例えるなら、決して派手さありませんが、
目元涼やかなで和服の似合う美人といったところでしょうか?

去り行く冬を惜しみつつも、で美味しいものがあるなぁと
結局、脱メタボ生活出来ないノムリエなのでした。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

tag : サヨリ 刺身 サヨリの様な 針魚 上品

旬の金目鯛をお刺身で!

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

手頃なサイズの金目鯛があったので購入してみました。

金目鯛は、築地では一年中見掛ける高級魚の代表ですが、
やはり冬のの時期が最高でしょう!

金目鯛の画像

身質が柔らかく、鮮度が落ちやすい為、昆布締めや煮付けにされる事が多い魚ですが、
折角、鮮度の良い金目鯛を仕入れたのですから、ここは刺身といきましょう♪


併せて、も購入してみました~。

鯵の画像
(大分産)

30センチはあろうかという特大サイズ
超新鮮で、身がプリップリです!
なぜなら、

鯵の画像
活け締めだからです!
(写真では分かりづらいですが。。。)


では、早速お刺身で頂いちゃいます。

金目鯛と鯵の刺身の画像
金目鯛刺身

金目鯛は、綺麗なピンク色が一際目を引き、見た目でも楽しませてくれますね~。
柔らかな食感とたっぷりとのったが堪りません。

こんなにがのっているのに、少しもしつこくなく
後味がスッキリしているのはのキメが細かいから!

刺身を食べているのに、何だかとってもクリーミー♪

冬は寒くてツライ季節ですが、を迎える魚介が沢山あって
美味しい季節でもありますね~。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

tag : 金目鯛 刺身 活〆 白身 高級魚

晩白柚(ばんぺいゆ)との格闘

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

友人のお土産と言う事で、
またまた、ノムリエの家に珍しいものが舞い込んできました。


ばんぺいゆの画像
熊本県が名産の晩白柚ばんぺいゆ)です。

晩白柚ばんぺいゆ)とは、世界最大の柑橘類(!?)として知られ
最大直径は25cmにも達するというザボンの一種。
12月~3月にを迎えると言われています。

で、どれくらい大きいかと言いますと、


ばんぺいゆの画像
どちらがサッカーボールでしょう???

「日持ちするので、1ヶ月くらいは観賞用として楽しめますよ☆」
といわれても、置き場所がね・・・。


さてさて、カットするだけでも一苦労。

ばんぺいゆの画像
まな板が一杯じゃありませんか。。。


果肉自体はサッパリ系ですね。
分厚い果皮は皮をはずし、下茹でして砂糖で煮詰めます。

ばんぺいゆの画像
仕上げにグラニュー糖をまぶします。素朴な味わいですね~。


ちょっと懐かしい感じのお菓子で
好きな人には堪らないのではないでしょうか?


ピールも砂糖で煮詰めて

ばんぺいゆの画像
ハイボールの香り付けに♪

しかし、皮を剥くだけでも結構な作業ですね(笑)
そして結構な量になりますが、日持ちするので、最近小腹が空くとオヤツ代わりに摘んでます。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

tag : 晩白柚 ばんぺいゆ 食べ方 作り方 ザボン 観賞用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

カベルネ・ソーヴィニヨン ホタルイカ 内臓系  フリザンテ 赤ムツ マナガツオ 真鱈 日本酒 らっきょう 磯辺焼き パテ ドメーヌ・ルモリケ ミョウバン トサカ 九龍 もやもやさま~ず アルタ・エゴド・パルメ シャトー・パルメ ウッドブロック・サクラ・シラーズ 刺身 ピエール・フリック B級グルメ ご馳走 南アフリカ バルバレスコ ボルシチ シャンパーニュ法 焼酎 鍋物 メジマグロ ラムチョップ 桜海老 フォーティファイド ベジポタ系 ザボン マンゴー 鶏冠 ロゼワイン 江戸 ローヌ ホルモン レシピ タマネギ 辛口 簡単 獣系 マリアージュ 血合 真魚鰹 スパゲティ 羽田空港  ベルトネ 赤ワイン 氷魚 マテ貝  フルボディ コンドロイチン サヨリの様な スパークリング ひうお 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り  毬うに テリーヌ ビール 煮込み ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ ワイン ワインの王 ビオディナミ コンフィ メイタカレイ バルサミコ酢 活〆 オーストリア・ワイン アボカド 高級魚 晩白柚  セニエ法 バローロ 塩焼き グリューナ・フェルトリーナー ナンプラー カルパッチョ 泡盛 ラーメン・ゼロ ドメーヌ・クロ・マリ 白ワイン 冬瓜 ラーメン リュットレゾネ 王のワイン 余り ゴーヤ・チャンプル 二郎系 ドメーヌ・ガントランディ ドライ・マンゴー 鰤(ブリ) 魚粉系  ヨーグルト パン粉焼き 針魚 ひお モツ シャンパン カンプターラー・テラッセン 砂肝 フランス 魚醤 ブリュンデルマイヤー バターフィッシュ 上品 レストラン シャンパーニュ フジッリ ピエモンテ チーズ ウニ ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル コラーゲン お刺身 コート・シャロネーズ オーストラリア コプチャン ビオロジック パスタ パテ・ド・カンパーニュ ビーツ 牡蠣 ラングドック ノドグロ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ リースリング・ビール 港区 東京国際フォーラム ヴィサン オイル漬け タイラギ テロワール アルザス キノコ 世界三大スープ 白子 ブリオッシュ クリスマス 直接圧搾法 お帰りマンゴー 相性 ピノー・デ・シャラント 白身魚 こまい ばんぺいゆ シラーズ 初がつお 田町 イタリア 新羽田国際空港 シロコロ 本鮪の子供 くもこ 観賞用 精巣 タイラ貝 うに ブルゴーニュ ハブ空港化 白身 ジャック・セロス  ビオワイン クリームチーズ くるくるマンゴー スープ 丼物 クロ・バガテル スロヴェニア 鰤しゃぶ コート・デュ・ローヌ/モルドレ チョンゴル 赤ワインソース 7年 マルゴー スロベニア ロゼ・ワイン コニャック 食べ方 サワークリーム サヨリ  もやさま 酒精強化 金目鯛 ソーヴィニヨン・ブラン  ツマミ ムラサキウニ シャブリ マグロ とさかバーガー 焼き鳥 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン マッシュルーム  ゴーヤ  ボルドー ラム肉 ニュージーランド 氷下魚 貝ヒモ ミディアム・ボディ 作り方 シャンピニオン・デュクセル オニオングラタンスープ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。