スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロコロの甘みと刺激的な辛さがやみつきです。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


先日、春恒例の幕張メッセで開催されている
フーデックスに行ってきました。



ワインや食材などが一同に会する国内最大級のイベント。
そして、試食や試飲も出来るというのが魅力でもあります。
チーズを摘み、シェリー酒やワインをいろいろ飲んで、
ほろ酔いで家路に。。。

来年もまた行きたいなぁ。

さて、日中などはだいぶ暖かくなり
春がそこまで来ているなぁと言う季節になりました。
小春日和の晴れた日は気持ちが良いですねぇ。
そして、やっぱり冬は寒くて嫌だなぁと思いつつも、
美味しい食べ物が豊富なので、去り行く冬を少しだけ惜しんだりしてもいます。

ノムリエは以前は寒さには、かなり強い方だったのですが、
歳とともに段々と寒さが身に染みる様になりまして、
ここ数年では、ズボンの下にタイツを履く様になってしまいました。。。

その分といっては何ですが、
暖かい料理などが一層美味しく感じられる様になった気がしてます。
中でもハズせないのが刺激的な辛さが魅力的な
キムチに代表される韓国風の物。

キムチといえば、今やたくあんを抜き、
最も消費量の多い漬物として定着しています。
元々、辛い物に目の無いノムリエは、初めてキムチを食べた時に
何て美味しいんだと感動したのを今でも覚えています。

以来、官能的な旨さと辛さを求めて韓国料理屋を訪れていましたが、
キムチを最初に食べた時の衝撃には出会えないでいました。
それが2年程前、ついにあの感動を超えるに出会ってしまいました。

コプチャンチョンゴル」との出会いです。

コプチャンとは牛の小腸で、これをジャガイモなどの野菜と
甘辛い濃い目のタレで頂くのですが、刺激的な辛さが
コプチャンの脂の甘さを引き立ててくれ、
プリプリとした柔らかな食感が堪りません。

親譲りの飲兵衛ゆえか、元々臓物好きのノムリエは、
この美味しい鍋を何とか自宅で再現できないかなぁと試行錯誤。
しかしながら、質の良いコプチャンが中々手に入りづらい。。。

ならばと思いついたのが、豚のシロコロでした。
シロコロは御当地B級グルメなどで注目を集め
比較的手に入りやすくなってきましたね。


の画像
シロコロの韓国風鍋

ひと口大のシロコロを裏返し、お酒をふり掛け軽く下茹でします。
 ↓
じゃがいも、タマネギなど野菜を炒める。
 ↓
シロコロを加え、味噌、キムチの素を加え味を整えたら完成。

仕上げにおろし生姜を加えると
よりスパイシーになって美味しいですよ。

お好みでアボカド、トマトなどをいれても美味♪

こんなに美味しい鍋が食べられるなら、
「やっぱり春が来なくても良いかも」とつい思ってしまいますね。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

tag : シロコロ ホルモン アボカド コプチャン チョンゴル B級グルメ

冬は煮込みで一杯が最高です。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

先日、友人と森下にある煮込み料理で有名な「山利喜」さんに行って来ました。
雑誌などで良く取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、

煮込みを摘みながら、ワインを傾ける」

という異色のお店。以前から気になっていたのですが、今回初めて伺いました。


大江戸線の森下駅を下車し向かいます。平日でしたが開店10分前で、
既に10名程の列が・・・、凄い人気ですね!

カウンター席に着き、まずはビールで乾杯☆
そうこうしていると、早々に隣の席のカップルが煮込みを摘みながら
グラスの赤ワインをくるくるっと優雅に回してスワリング♪

一方、反対側の席ではオヤジ衆が焼酎片手に煮込みをつつく
という何とも対照的で不思議な光景。

ワインに関していえば、コルビエールなど南仏を中心とした濃厚なタイプが
ズラリで、煮込みとの相性(マリアージュ)はバッチリ。
よく考えられているなぁと思いました。

それに触発されて、
では無いですが、我が家でも煮込みを作ってみました。


煮込みの画像
煮込み & コート・デュ・ローヌ/モルドレ【ロゼ・辛口


家庭では「煮物上手は料理上手」と良く言いますが、一方でプロの世界では、

「煮物に技術はいらない」

とも言われます。これは最初に塩味と甘味のバランスを整えてしまえば、
後は煮込むだけで素材が勝手に旨みを出してくれるからなんです。

ちょっと濃すぎかな?と思えるくらいに塩を砂糖を加えるのがちょうど良いです。
あとは丁寧にアクをとり、煮詰まってきたら時々水を加えて調整。

臭みが苦手な方はお酒と大根をたっぷりと入れてどうぞ!
大根は味が シミシミ で美味ですよ~。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

tag : モツ 煮込み ホルモン 内臓系 コート・デュ・ローヌ/モルドレ ロゼワイン 辛口 B級グルメ

珍味に乾杯(完敗)。今度リベンジします!

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


料理が趣味というと、無茶な要求を受けるときが時々あります。

例えば・・・。以前、友人達とバーベキューをした時。
パーティユース用の小樽に入った赤ワインに
骨付きラム・ラックを2キロほど、
それと「塩焼き用に」と築地魚河岸で仕入れた
サンマを1ケースほど携えて参加していました。
が暫くすると、友人のひとりが突然


「刺身が食いたい!」


と言い出したので、さぁ大変。。。
バーベキューもほどほどに、ワイン片手にサンマを数匹おろすハメに・・・。
おかげで骨付きラムには殆どありつけず、とほほ。


あと、料理が趣味というと、良くあるのが「珍しい物を見つけたので!」と
不思議なお土産を頂く事。。。これが結構大変だったりする訳です。

今回は、な、なんと


ニワトリのトサカの画像
ニワトリのとさか。。。

以前テレビ番組で「とさかバーガー」なるものの存在があるのは
知っていましたが、本物を見るのは初めて・・・。とりあえず下茹でして、


ニワトリのトサカの酢味噌和え画像
トサカの酢味噌和え


ニワトリのトサカの中華炒め画像
トサカの中華炒め


ニワトリのトサカとカブの煮物の画像
トサカを和風にカブと炊いてみました(笑)


ニワトリのトサカのトマト煮込み画像
トサカのトマト煮込。


栄養的にはコラーゲンやヒアルロン酸の塊という事で、女性が飛びつきそうな食材ですが、


見た目が、グロい。。。
そして兎に角、固い。。。


下茹でが足りなかったからかな~?
ただ、トマト煮込みに関しては翌日も煮込んだら
味も染みてトロトロに♪

いずれにしてもトサカ本体には味や旨みが無いので、
牛のアキレス腱煮込みの用に、
ほかの食材と一緒に煮込まないとダメかも知れませんね~。



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : こんなのがあったなんて!!
ジャンル : グルメ

tag : とさかバーガー トサカ 鶏冠 コラーゲン コンドロイチン B級グルメ

魚介を余す事無く堪能する方法

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


先日、築地で購入したメジマグロ血合が冷凍庫に
凍ったままになっていたので、手軽に楽しめる丼にしてみようかと。。。


血合丼の画像
マグロ血合

つくり方は超簡単♪

ニンニク、血合をごま油で炒める (ほぐしてそぼろ状に)
   ↓
野菜を加え炒める (ネギ、ナス、きのこ、パプリカなど)
   ↓
合わせ調味料で味付けして完成 (コチュジャン、味噌、酒、砂糖)


独特の臭みがあるため敬遠されてしまう血合ですが、
タンパク質や鉄分が豊富な栄養食品なんです!
仕上げにショウガ汁とごま油をふりかけるのがポイントですよ~。

醤油ダレに漬け込んでおいて『血合のペッパーステーキ』も
我が家の定番メニューなのでそのうちご紹介できたらと思います。
血合がワインにも合う一品に。。。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。


テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

tag : マグロ 血合 丼物 B級グルメ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

カベルネ・ソーヴィニヨン ホタルイカ 内臓系  フリザンテ 赤ムツ マナガツオ 真鱈 日本酒 らっきょう 磯辺焼き パテ ドメーヌ・ルモリケ ミョウバン トサカ 九龍 もやもやさま~ず アルタ・エゴド・パルメ シャトー・パルメ ウッドブロック・サクラ・シラーズ 刺身 ピエール・フリック B級グルメ ご馳走 南アフリカ バルバレスコ ボルシチ シャンパーニュ法 焼酎 鍋物 メジマグロ ラムチョップ 桜海老 フォーティファイド ベジポタ系 ザボン マンゴー 鶏冠 ロゼワイン 江戸 ローヌ ホルモン レシピ タマネギ 辛口 簡単 獣系 マリアージュ 血合 真魚鰹 スパゲティ 羽田空港  ベルトネ 赤ワイン 氷魚 マテ貝  フルボディ コンドロイチン サヨリの様な スパークリング ひうお 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り  毬うに テリーヌ ビール 煮込み ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ ワイン ワインの王 ビオディナミ コンフィ メイタカレイ バルサミコ酢 活〆 オーストリア・ワイン アボカド 高級魚 晩白柚  セニエ法 バローロ 塩焼き グリューナ・フェルトリーナー ナンプラー カルパッチョ 泡盛 ラーメン・ゼロ ドメーヌ・クロ・マリ 白ワイン 冬瓜 ラーメン リュットレゾネ 王のワイン 余り ゴーヤ・チャンプル 二郎系 ドメーヌ・ガントランディ ドライ・マンゴー 鰤(ブリ) 魚粉系  ヨーグルト パン粉焼き 針魚 ひお モツ シャンパン カンプターラー・テラッセン 砂肝 フランス 魚醤 ブリュンデルマイヤー バターフィッシュ 上品 レストラン シャンパーニュ フジッリ ピエモンテ チーズ ウニ ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル コラーゲン お刺身 コート・シャロネーズ オーストラリア コプチャン ビオロジック パスタ パテ・ド・カンパーニュ ビーツ 牡蠣 ラングドック ノドグロ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ リースリング・ビール 港区 東京国際フォーラム ヴィサン オイル漬け タイラギ テロワール アルザス キノコ 世界三大スープ 白子 ブリオッシュ クリスマス 直接圧搾法 お帰りマンゴー 相性 ピノー・デ・シャラント 白身魚 こまい ばんぺいゆ シラーズ 初がつお 田町 イタリア 新羽田国際空港 シロコロ 本鮪の子供 くもこ 観賞用 精巣 タイラ貝 うに ブルゴーニュ ハブ空港化 白身 ジャック・セロス  ビオワイン クリームチーズ くるくるマンゴー スープ 丼物 クロ・バガテル スロヴェニア 鰤しゃぶ コート・デュ・ローヌ/モルドレ チョンゴル 赤ワインソース 7年 マルゴー スロベニア ロゼ・ワイン コニャック 食べ方 サワークリーム サヨリ  もやさま 酒精強化 金目鯛 ソーヴィニヨン・ブラン  ツマミ ムラサキウニ シャブリ マグロ とさかバーガー 焼き鳥 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン マッシュルーム  ゴーヤ  ボルドー ラム肉 ニュージーランド 氷下魚 貝ヒモ ミディアム・ボディ 作り方 シャンピニオン・デュクセル オニオングラタンスープ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。