スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ予防にはゴーヤ・チャンプル

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


とにかく縛られるのが嫌いな性質といいますか、
アクセサリーの類は一切身に着けませんし、
足首が窮屈という理由で
ブーツも履かなかったりしてます。

もちろんスーツも嫌いで、
一日中ネクタイを締めていると
ホトホト疲れ果ててしまう訳です。
なので、理由は他にもありますが
出来ればスーツは着たくないのが本音。

という訳で今年のクールビズは
ノムリエ的には大歓迎なのですが、
とは言えポロシャツごときで
蒸し暑い夏を乗り切れるのかと、不安だったりしてます。

通勤ラッシュ時で揉みくちゃになって、
朝会社に着いた時にはすでにグッタリ。。。
なんて事が予測される訳です。

唯でさえ暑さでバテ気味な夏を乗り切れる様、
今年は体調管理に特に気を付けたいですね。


さて、夏に欠かせない食材といえば
ゴーヤではないでしょうか?

ゴーヤゴーヤー)というのは沖縄の方言でして
ツルレイシというのが和名。
果肉が苦いのでニガウリとも呼ばれています。

代表的な食べ方はやはりゴーヤ・チャンプルですね~。
最近は沖縄料理のお店も多くなり一般的になって来た為、
夏の時期はスーパーでもゴーヤを良く見かける様になりました。

独特の苦みが後を引き、ご飯のオカズとして、
焼酎ビールのオツマミとして
夏には欠かせないメニューという
ご家庭も多いのではないでしょうか?

ノムリエもゴーヤ・チャンプルが大好きでして、
夏になると、こいつをツマミ泡盛をやりたくなる訳です。


ところが、大好きな筈のゴーヤにも悩みどころが。。。
それはサイズが大きい事、家族の多いご家庭では
問題にはならないかも知れませんが、
チャンプルにゴーヤを使っても
半分くらい余ってしまう場合が多いのです。

その他のゴーヤのメニューとしては、

・ゴーヤ・サラダ
・ゴーヤの御浸し

などがありますが、
正直、ゴーヤ・チャンプルほどの感動は無かったりします。
いくら大好きとはいえ、2日続けてゴーヤ・チャンプル
というのもチト辛いかな。。。

という訳でノムリエ家の定番の食べ方はコチラです。


ゴーヤ煮の画像1
ゴーヤの肉詰め

ゴーヤを輪切りにし、ワタをスプーンで丁寧に取る。
 ↓
挽肉、タマネギ、ショウガ、ニンニク、オイスターソースを練ってゴーヤに詰める。
 ↓
ごま油で焼き、醤油、酒を加え蒸し焼きにする。


肉詰めは剥がれ易いので、

・ゴーヤを少し斜めにカットする。
・つなぎで片栗粉を加える。

のがポイント。

冬瓜など夏が旬の野菜と一緒に炊くと
味が染みて美味。

中華風にあんかけにしても旨いです。
紹興酒がドンドンすすんじゃいますね。

蒸し焼きにしている分、苦みがマイルドになっていますから
苦すぎてゴーヤは苦手という方も美味しく食べて頂けると思います。


さて、ノムリエがスーツを嫌いな理由の一つに、
「縛られるのが嫌い」というのを冒頭でご紹介しましたが、
もうひとつの理由が御座いまして、
それは、ノムリエはホリの深い顔立ちをしておりまして、
スーツを着てしまうと、時として何処の国の人か
分からない怪しい出で立ちになってしまったりするのです。

スーツではなく普通の服を着ていても
初対面の方に「出身は沖縄ですか?」と聞かれる事も度々、
東京出身なんですけどね一応。。。

そんな訳でゴーヤには人一倍愛着が有ったりしてます(笑)



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : ゴーヤ ゴーヤ・チャンプル 余り 冬瓜 ツマミ 泡盛 焼酎 ビール

オニグラはお好きですか?

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

に無性に食べたくなる料理といえば
オニオングラタンスープ」(オニグラ)では無いでしょうか?
寒いにジックリ炒めたタマネギの旨みが凝縮された
熱々のスープを頂くと身も心も温まりますよね~~。


オニオングラタンスープの画像
オニオングラタンスープ(オニグラ)

タマネギをひたすら千切り
  ↓
ジックリと炒める
  ↓
白ワイン、コンソメを投入し、フランスパンとチーズを入れオーブンへ


オニオングラタンスープの画像オニオングラタンスープの画像


シンプルですが手間の掛かる分、味わい深い料理ですよね♪
とろけるチーズの上に粉チーズで焦げ目をつけましょう。


さて、タマネギといえば淡路島の特産品として有名。
生のままかじっても甘くて美味しいとかテレビでやっていたりしますよね。

以前、知人に淡路島のタマネギをお土産に頂いた事があり、
あまりの美味しさに感動。いつか淡路に行ってみたいなぁと思っています。
そして、タマネギを見るといつも思い出すことがあります。

それはノムリエパワーがまだ20代の時でした。

その頃は色々な事で悩んでいた時期、たまたま1週間程の休みがとれたので、
「よぉし、一人旅でもしてみるかぁ~。」となり、お金も無かったので
リュックサックに服だけ詰め込み50ccのバイクで出発!!!

若さ故の無謀な旅。
さあ過酷な珍道中のはじまり、はじまりです。(不定期で続く?)


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 洋食
ジャンル : グルメ

tag : オニオングラタンスープ タマネギ ご馳走

刻むだけで激旨のソース♪白ワインが欲しくなります。。。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


今年最初の草サッカーでハッスルし過ぎまして、
肉離れ???太ももが痛いです。。。

年末年始はワイン三昧!!!
暴飲暴食と不摂生が祟ったせいでしょうか?
そろそろ体重を落とさないといけないなぁと思っております。
(でも難しい。。。)

さて、本日は我が家で定番の簡単パスタをご紹介します。
具材はマッシュルームとタマネギだけという実にシンプルなもの。
見た目は大変地味ですが、味わい深い一品となります。


マッシュルームのパスタの画像
マッシュルームのパスタ


ニンニクと鷹の爪を炒める
  ↓
微塵切りにしたマッシュルームとタマネギを炒める(2人前で4~5個)
  ↓
茹でたパスタ(フジッリ)と和えたら完成。


ジックリ炒めてマッシュルームの水分を飛ばすのがポイントです。
まるで「お肉??」と間違う位、ジューシーで旨みたっぷりのマッシュルーム

マッシュルームを刻んで炒めるだけという手抜き料理ですが、実はフレンチでは
シャンピニオン・デュクセルという立派な名前がついている伝統的なソース。

魚のソテーやオムレツに加えると激旨。
という事ですが、やっぱりシンプルなパスタが一番かなぁ~と思います。
アレンジで刻んだプチトマトやカラスミなんかを加えても美味しいですよ。

キリっと冷えたミネラル感のある白ワインと一緒にどうぞ!


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

tag : シャンピニオン・デュクセル マッシュルーム 簡単 フジッリ

カラダぽっかぽか!温まりますよ~。【築地ノムリエ流日記・野菜編】

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

たまたま、生のビーツを発見!そういえば、
冷蔵庫にキャベツとサワークリームがあったなぁ…
という事で今夜はボルシチに決定!

まずはビーツを下茹で30分。。思った程なかなか柔らかくなりません。
次回は多少カットしてから下茹でしてみようかと、
それとビーツの赤い色素がなかなか落ちないので汚れても良い格好でやりませう。




さて肝心の世界3大スープの方ですがつぶしたホールトマト、ニンジンやジャガイモを加えて
じっくりコトコト煮込めば完成です。


ボルシチ完成♪サワークリームを添えて


すっきりとしながらもじわじわと溢れる旨み、スープにしみ渡る野菜の甘味でカラダもポカポカ。
サワークリームが良いアクセントとなりあっという間にペロリ。
我が家の冬の定番メニューとなりました。ワインにも合いそうだし次回は寸胴で作ったろ!


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。


テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

tag : ボルシチ ビーツ サワークリーム 世界三大スープ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

ウッドブロック・サクラ・シラーズ クリスマス 魚粉系 ボルシチ ピノー・デ・シャラント 刺身 ノドグロ 冬瓜 獣系 ゴーヤ・チャンプル リュットレゾネ 酒精強化 スロヴェニア シャンパーニュ シャンピニオン・デュクセル 東京国際フォーラム パン粉焼き 港区 氷下魚 赤ムツ カンプターラー・テラッセン ラーメン ブルゴーニュ ヨーグルト 相性 鍋物 磯辺焼き ゴーヤ オイル漬け サヨリ オニオングラタンスープ ローヌ オーストラリア ドメーヌ・ガントランディ お刺身 ラム肉 ワイン ベルトネ 羽田空港 メイタカレイ オーストリア・ワイン スパゲティ もやさま マルゴー マリアージュ 魚醤 ラーメン・ゼロ 辛口 血合 ワインの王 煮込み 王のワイン  晩白柚 パテ・ド・カンパーニュ くるくるマンゴー ピエール・フリック ラングドック こまい ビオワイン 観賞用 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り 食べ方 本鮪の子供 カルパッチョ ひお パスタ 桜海老 コンドロイチン 田町 ご馳走 マグロ 焼き鳥  ソーヴィニヨン・ブラン スパークリング カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン レシピ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ  ミディアム・ボディ  ボルドー マッシュルーム フジッリ 上品 テリーヌ アボカド うに 白ワイン クロ・バガテル とさかバーガー シロコロ アルザス 活〆 サヨリの様な 泡盛 真鱈 ラムチョップ シラーズ 直接圧搾法  スープ ジャック・セロス 白身 お帰りマンゴー B級グルメ イタリア もやもやさま~ず 丼物 パテ フランス コラーゲン  セニエ法 クリームチーズ くもこ 世界三大スープ カベルネ・ソーヴィニヨン 作り方 焼酎  シャンパーニュ法 日本酒 ナンプラー スロベニア コプチャン モツ バローロ ドライ・マンゴー コンフィ 精巣 ウニ 初がつお フリザンテ コニャック タイラギ 針魚 金目鯛 バターフィッシュ 塩焼き 貝ヒモ リースリング・ビール チーズ チョンゴル ドメーヌ・クロ・マリ ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ アルタ・エゴド・パルメ 余り ニュージーランド ビーツ 鰤しゃぶ タマネギ  サワークリーム 砂肝 氷魚 鰤(ブリ) ロゼワイン ツマミ コート・デュ・ローヌ/モルドレ シャブリ 白身魚 ブリオッシュ タイラ貝 マナガツオ フルボディ 赤ワインソース 二郎系 簡単 新羽田国際空港 ひうお 南アフリカ ムラサキウニ 7年 牡蠣 テロワール シャンパン らっきょう ロゼ・ワイン ピエモンテ マテ貝 バルサミコ酢 コート・シャロネーズ ベジポタ系 キノコ 高級魚 トサカ ヴィサン 鶏冠 赤ワイン 江戸 グリューナ・フェルトリーナー マンゴー ザボン ミョウバン 毬うに メジマグロ 内臓系 ホルモン ビオディナミ ハブ空港化 ホタルイカ ドメーヌ・ルモリケ バルバレスコ 真魚鰹   レストラン ブリュンデルマイヤー 九龍  シャトー・パルメ ばんぺいゆ ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル 白子 ビール フォーティファイド ビオロジック 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。