スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジポタ系ラーメン道

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

夏と言えば「ラーメン」ですね(ホント?)
とはいえ日本の代表的な国民食ですし、
最近はフランスのパリでも流行っているらしく
その気軽さと美味しさで世界に認められつつありますね。

最近は、

二郎系
ベジポタ系
魚粉系
・沖縄系

などなどバリエーションも豊富で楽しいですね。
ノムリエも一時期ラーメンの食べ歩きにハマっていて
雑誌を見ては都内を巡っておりました。
ですが、行列の出来るような有名店であっても

「しょっぱ過ぎて食べられない。。。」

と思えるお店もあり、それじゃあ
いっちょ本格的なヤツを自宅で作ってみるかぁと思いました。

ノムリエの住む大田区には、
菅野製麺所という有名な製麺所があって
小売りもしてくれるので、いつもそこで麺を仕入れています。


インディアン本店の画像1


因みに近隣にはテレビ東京の人気番組
「モヤモヤさま~ず」(通称モヤさま)で年間1位に輝いた
カレーと支那そばの店「インディアン」があり、
菅野製麺所の麺が使われているそうです。

さて、肝心のスープはというと
鯵と鯖の中骨からダシを取り、
ネギ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、カブなどなど
野菜と煮込み、最後にフードプロセッサーへ投入!
すると、

ベジポタ系ラーメンの画像1

ベジポタ系のスープの出来上がりです!?

ベジポタ系ラーメンの画像2

炒めた野菜をのせて、自家製チャーシュー(煮豚)を用意したら完成!

濃厚なコクがあるのに、優しい味わいのベジポタ系スープ。。。
少々手間はかかりますが、自分の好みの味に仕上げられるのは、
嬉しいですね。ラーメンってやっぱり好みがありますからね~。

今度は美味しい「塩ラーメン」に挑戦してみようかな~
なんて思ったりしています。

えっ!中華に合うワイン???
ロゼですかね~。でもやっぱり紹興酒かなぁ。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 二郎系 ベジポタ系 魚粉系 もやもやさま~ず もやさま

「くるくるマンゴー」お手軽ワインの新提案 その2

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


前回は

「食と女はアジアに限る。」

と豪語するアジア通の友人Sが、
ネットショップおススメの食べ方を実践せよと、
ドライマンゴーを手にノムリエの元に現れたという所まででした。


ドライ・マンゴーの画像


さて、白ワインに合うという「くるくるマンゴー」のレシピは、


ドライ・マンゴークリームチーズを塗る。
 ↓
粗挽き胡椒を振り
 ↓
くるりと巻いて食べる


という非常に簡単なもの。

甘い物としょっぱい物を組み合わせるなんて「気持ちが悪い。」
という方もいるかと思いますが、
生ハムとメロン、生ハムと無花果などは
ワインとも良く合う定番の前菜として見かけますよね。

ただし今回の場合は、元々マンゴーというフルーツ自体の糖度が高い事に加え、
ドライフルーツである為にフレッシュ感が低いので、
ワインとの相性はかなり限定的になってしまい少々難しい。。。

フレッシュ・フルーツでは無い分、
マリアージュにはひと工夫が必要なようです。


ところでワインが難しいと思われてしまう要素の一つが
このマリアージュではないでしょうか?

「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」とか、
ソムリエに相談したいが、高いワインを薦められそうで怖い、などなど。。。
難解と思われているワインのマリアージュですが、
ポイントを絞れば、比較的簡単に相性の良いワインを選ぶ事が出来ます。


相性の良いワイン選びのポイント1 「香り・味わいで選ぶ。」

一般にお肉料理には赤ワインが合うとされているのはご存知かと思います。
これは赤ワインを飲む事で、脂肪分が洗い流され
口の中がサッパリとするからと言われています。

しかし肉を食す時、赤ワインであれば何でも良いという訳ではありません。
「口の中がサッパリとする。」という打消しの効果だけでなく、
ワインの香り・味わいにより食材の旨味が増幅するタイプを選ぶ事が重要です。

例えば、レストランで鴨肉のソテーを注文した場合、
オレンジだのリンゴだの大抵フルーツのソースを付いてきます。
家庭ではなかなか本格的なソースという訳には行かないでしょうから、
その場合はドライなタイプのワインよりも、果実味があるタイプのワインを選びます。

臭みが消えるだけなく、肉はワインの香りや甘みと相まって
旨味が増しているのを感じる事が出来るはずです。


相性の良いワイン選びのポイント2 「濃度で選ぶ。」

食事をしていてワインが妙に酸っぱかったり、苦く感じたりする時があります。
酸や苦みはワインの旨味の要素のひとつですが、
料理との相性によっては、これらが強調され過ぎてしまう場合があります。

逆に、ワイン自体は美味しい筈なのに、
食事と一緒だと薄く感じてしまう事があります。
こうした原因のひとつにワインの濃度があります。


酒質と言ったりしていますが、ワインショップに行くとPOPに
「コクのある白」等と書かれているのを目にします。
一般に暖かい地方のワインはブドウが過熟となる為に、
濃い味わいのワインになる傾向にあります。

ワインの産地なんていちいち面倒臭くて覚えてられないという方は、
アルコール度数を参考に選ぶと良いかも知れません。
同じタイプのワイン、例えば白ワインの辛口であれば、
アルコール度数が高い方が濃度のあるワインと考えて良いでしょう。

お料理自体やソースが濃い目なのか、スッキリ目なのかが、
予め分かっているとワイン選びは自然と上手くいくものです。

因みに店内のPOPを読む事が出来ないからなのか、
外国人はラベルに書かれているアルコール度数で
ワインを選んでいる光景を良く目にします。

ドライ・マンゴーの画像


さて、ドライ・マンゴーの場合は、

・甘みが強い
・フレッシュ感は低い

という事なので、
果実味が強くトロピカルで濃度のあるワインが良いと思います。

アメリカ、オセアニアなどニューワールドのシャルドネは
トロピカル・フルーツの様な要素があり、酒質も強めの傾向にあります。
樽香の強くないタイプが値段も手頃で良いでしょうね。


ドライ・マンゴーをくるくるっと巻いて食べれば、
マンゴーの甘さ、クリームチーズのコク、胡椒のスパイシーさが
キリッと冷えたトロピカル系の白ワインと口の中で溶け合いクセになる美味しさですね♪


ドライ・マンゴーの画像


この「くるくるマンゴー」、
手軽に出来るオードブルとしてホームパーティなどできっと重宝しますね。
これからの季節はスパークリングワインも良さそう。
保存が利くのも嬉しいかな。


因みにこんなのも作ってみました。


ドライ・マンゴーの画像


食べる赤ワインソース・マンゴー風味


ドライ・マンゴー、タマネギ、パプリカを千切りにして炒める。
 ↓
赤ワインを加え、煮詰めます。
 ↓
塩・胡椒で味を整え、お好みで醤油を少々。


ドライ・マンゴーの画像


ソテーしたお肉に掛けても良いですし、
ソースと一緒に少し煮込んでも肉が柔らかくなって旨いっす。
お試しあれ。



リンク → 「ミスターマンゴー楽天店」



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

tag : マンゴー ドライ・マンゴー お帰りマンゴー くるくるマンゴー クリームチーズ ヨーグルト マリアージュ 相性 赤ワインソース

「くるくるマンゴー」お手軽ワインの新提案?

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


「食と女はアジアに限る。」

と豪語する男がノムリエの友人にいます。
普段からアホな事ばかりを抜かしているこの男、
実は、暇を見つけてはリュックサックに荷物を詰め込み、
アジア諸国を巡るというワイルドな旅人。

いわゆるバックパッカーを趣味にしている男が
自信満々に言うのですから、
あながち間違いでは無いのかなという気にもなりますが、
この男が現地で何を成してきたのかという真相は、
とても恐ろしくて聞く気にもなれません。

さて、そのちょっとどころでは無い変わった男が、
ネットでちょっと変わった物を見つけたよとノムリエの所にやって来た訳です。
見れば友人Sの手には、セブ島産のドライ・マンゴー

「なぁんだ、そんなの今時どこでも売っているよ。」

とノムリエも思ったのですが、
ところがそうでも無いらしい。。。

ドライ・マンゴーの画像


パッケージはまるで業務用?と思われるほど簡素で、
ドライ・マンゴー自体も大きさが不揃い、そして何だか少し色味が悪い。
と見た目が地味な商品。

ところが味わってみると
従来の様に甘すぎず、自然な味わい。。。

聞く所によると、このドライ・マンゴーは決して業務用ではなく、
ミスターマンゴーというネットショップの店主が
現地で売っていたドライ・マンゴーの味わいに感動し、
パッケージ記載を頼りにアポ無しで工場を訪問。

ドライ・マンゴーで財を成したであろうと思わしき
チョイ悪オヤジな工場長に掛け合い、2年の試行錯誤の末、
日本人の口に合う味わいを完成させたというのです。


たしかに海外のお菓子ってヤツは、甘ければ甘いほど美味しいとされていて、
色々な方にお土産で頂いたりするが、ひと口食べて
「もういらない」となった経験が誰でもあると思います。

ノムリエはドライ・フィグと呼ばれる無花果(イチジク)を干した物が
大好きで良くワインやウイスキーのつまみにしてきたものの、
その他のドライ・フルーツ、特にセミドライのタイプの物は、
まわりに砂糖をまとっていたりして、甘過ぎる味わいと
ジャリジャリとした食感が馴染めず、余り好きになれませんでした。


またマンゴーに関しては、築地で働いていた時、鮮魚店ながら
マンゴーが旬の時期には「太陽の卵」で一躍有名になった
宮崎産マンゴーを取り扱っていた経験もあり、味わいには少し口うるさかったりします。

さてマンゴーには、

・アーウィン
・カラバオ
・キーツ

という種類があります。

アルフォンソなどが有名なアーウィン種は、
果皮が赤みを帯びている為、アップル・マンゴーとも呼ばれ
1個数千円もする高級品もあり、贈答用にも用いられています。

カラバオ種は嘴に似ている事からペリカン・マンゴーとも呼ばれ、
やや小型で黄色の果皮をしています。
価格は数百円程度という事もあり、スーパーなどでも良く売られているので、
口にする事も多いのではないでしょうか。

サイコロ状にカットしてヨーグルトと和えるだけで出来る
手軽なデザートとしてもお馴染みですね。


ドライ・マンゴーに使用されているマンゴーはこのカラバオ種で、
最近ではドライ・マンゴーをヨーグルト
一晩付け込んで食べるというのが流行らしいですね。

はなまるマーケットで紹介されていた。
この「お帰りマンゴー」という食べ方で、
市販のドライ・マンゴーと比較してみました。

すると、果実由来では無い砂糖の不自然な甘みと、繊維の粗さが
市販のドライ・マンゴーには目立ちました。
なるほど、アジア通の友人Sのお薦めに相応しい一品かなぁというのがノムリエの印象。


ああ、本題を忘れる所でした。

本題というのは、休みがなかなか取れず
最近バックパッカー生活を送れていない友人S。

ネットで見つけた、このドライ・マンゴーを購入した際に
説明書に書いてあった食べ方をノムリエに実践せよ。
という事でわざわざやって来たらしいのです。
その白ワインに良く合うレシピというのは、

ドライ・マンゴーの画像


次回へ続く。。。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : マンゴー ドライ・マンゴー お帰りマンゴー くるくるマンゴー クリームチーズ ヨーグルト マリアージュ 相性

晩白柚(ばんぺいゆ)との格闘

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

友人のお土産と言う事で、
またまた、ノムリエの家に珍しいものが舞い込んできました。


ばんぺいゆの画像
熊本県が名産の晩白柚ばんぺいゆ)です。

晩白柚ばんぺいゆ)とは、世界最大の柑橘類(!?)として知られ
最大直径は25cmにも達するというザボンの一種。
12月~3月にを迎えると言われています。

で、どれくらい大きいかと言いますと、


ばんぺいゆの画像
どちらがサッカーボールでしょう???

「日持ちするので、1ヶ月くらいは観賞用として楽しめますよ☆」
といわれても、置き場所がね・・・。


さてさて、カットするだけでも一苦労。

ばんぺいゆの画像
まな板が一杯じゃありませんか。。。


果肉自体はサッパリ系ですね。
分厚い果皮は皮をはずし、下茹でして砂糖で煮詰めます。

ばんぺいゆの画像
仕上げにグラニュー糖をまぶします。素朴な味わいですね~。


ちょっと懐かしい感じのお菓子で
好きな人には堪らないのではないでしょうか?


ピールも砂糖で煮詰めて

ばんぺいゆの画像
ハイボールの香り付けに♪

しかし、皮を剥くだけでも結構な作業ですね(笑)
そして結構な量になりますが、日持ちするので、最近小腹が空くとオヤツ代わりに摘んでます。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

tag : 晩白柚 ばんぺいゆ 食べ方 作り方 ザボン 観賞用

珍味に乾杯(完敗)。今度リベンジします!

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


料理が趣味というと、無茶な要求を受けるときが時々あります。

例えば・・・。以前、友人達とバーベキューをした時。
パーティユース用の小樽に入った赤ワインに
骨付きラム・ラックを2キロほど、
それと「塩焼き用に」と築地魚河岸で仕入れた
サンマを1ケースほど携えて参加していました。
が暫くすると、友人のひとりが突然


「刺身が食いたい!」


と言い出したので、さぁ大変。。。
バーベキューもほどほどに、ワイン片手にサンマを数匹おろすハメに・・・。
おかげで骨付きラムには殆どありつけず、とほほ。


あと、料理が趣味というと、良くあるのが「珍しい物を見つけたので!」と
不思議なお土産を頂く事。。。これが結構大変だったりする訳です。

今回は、な、なんと


ニワトリのトサカの画像
ニワトリのとさか。。。

以前テレビ番組で「とさかバーガー」なるものの存在があるのは
知っていましたが、本物を見るのは初めて・・・。とりあえず下茹でして、


ニワトリのトサカの酢味噌和え画像
トサカの酢味噌和え


ニワトリのトサカの中華炒め画像
トサカの中華炒め


ニワトリのトサカとカブの煮物の画像
トサカを和風にカブと炊いてみました(笑)


ニワトリのトサカのトマト煮込み画像
トサカのトマト煮込。


栄養的にはコラーゲンやヒアルロン酸の塊という事で、女性が飛びつきそうな食材ですが、


見た目が、グロい。。。
そして兎に角、固い。。。


下茹でが足りなかったからかな~?
ただ、トマト煮込みに関しては翌日も煮込んだら
味も染みてトロトロに♪

いずれにしてもトサカ本体には味や旨みが無いので、
牛のアキレス腱煮込みの用に、
ほかの食材と一緒に煮込まないとダメかも知れませんね~。



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

テーマ : こんなのがあったなんて!!
ジャンル : グルメ

tag : とさかバーガー トサカ 鶏冠 コラーゲン コンドロイチン B級グルメ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

カベルネ・ソーヴィニヨン ホタルイカ 内臓系  フリザンテ 赤ムツ マナガツオ 真鱈 日本酒 らっきょう 磯辺焼き パテ ドメーヌ・ルモリケ ミョウバン トサカ 九龍 もやもやさま~ず アルタ・エゴド・パルメ シャトー・パルメ ウッドブロック・サクラ・シラーズ 刺身 ピエール・フリック B級グルメ ご馳走 南アフリカ バルバレスコ ボルシチ シャンパーニュ法 焼酎 鍋物 メジマグロ ラムチョップ 桜海老 フォーティファイド ベジポタ系 ザボン マンゴー 鶏冠 ロゼワイン 江戸 ローヌ ホルモン レシピ タマネギ 辛口 簡単 獣系 マリアージュ 血合 真魚鰹 スパゲティ 羽田空港  ベルトネ 赤ワイン 氷魚 マテ貝  フルボディ コンドロイチン サヨリの様な スパークリング ひうお 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り  毬うに テリーヌ ビール 煮込み ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ ワイン ワインの王 ビオディナミ コンフィ メイタカレイ バルサミコ酢 活〆 オーストリア・ワイン アボカド 高級魚 晩白柚  セニエ法 バローロ 塩焼き グリューナ・フェルトリーナー ナンプラー カルパッチョ 泡盛 ラーメン・ゼロ ドメーヌ・クロ・マリ 白ワイン 冬瓜 ラーメン リュットレゾネ 王のワイン 余り ゴーヤ・チャンプル 二郎系 ドメーヌ・ガントランディ ドライ・マンゴー 鰤(ブリ) 魚粉系  ヨーグルト パン粉焼き 針魚 ひお モツ シャンパン カンプターラー・テラッセン 砂肝 フランス 魚醤 ブリュンデルマイヤー バターフィッシュ 上品 レストラン シャンパーニュ フジッリ ピエモンテ チーズ ウニ ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル コラーゲン お刺身 コート・シャロネーズ オーストラリア コプチャン ビオロジック パスタ パテ・ド・カンパーニュ ビーツ 牡蠣 ラングドック ノドグロ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ リースリング・ビール 港区 東京国際フォーラム ヴィサン オイル漬け タイラギ テロワール アルザス キノコ 世界三大スープ 白子 ブリオッシュ クリスマス 直接圧搾法 お帰りマンゴー 相性 ピノー・デ・シャラント 白身魚 こまい ばんぺいゆ シラーズ 初がつお 田町 イタリア 新羽田国際空港 シロコロ 本鮪の子供 くもこ 観賞用 精巣 タイラ貝 うに ブルゴーニュ ハブ空港化 白身 ジャック・セロス  ビオワイン クリームチーズ くるくるマンゴー スープ 丼物 クロ・バガテル スロヴェニア 鰤しゃぶ コート・デュ・ローヌ/モルドレ チョンゴル 赤ワインソース 7年 マルゴー スロベニア ロゼ・ワイン コニャック 食べ方 サワークリーム サヨリ  もやさま 酒精強化 金目鯛 ソーヴィニヨン・ブラン  ツマミ ムラサキウニ シャブリ マグロ とさかバーガー 焼き鳥 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン マッシュルーム  ゴーヤ  ボルドー ラム肉 ニュージーランド 氷下魚 貝ヒモ ミディアム・ボディ 作り方 シャンピニオン・デュクセル オニオングラタンスープ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。