スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パテとテリーヌの違いって何ぞや?

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


先日、銀座のポンデュガールと目黒のSHIN2に行ってきました。
どちらもグラスワインが豊富で人気のお店。

最寄駅から少し歩くので好立地とは決して言えないのですが、
料理に合わせて色々なワインをグラスで注文出来るという事で、
予約や行列しないと入れないという盛況。

グラスワインが豊富だと、
どれを飲もうかなぁ~とワクワクしてしまいますが、
お店側はきっと管理が大変だろうなぁ~と思ったりします。
特にスパークリング・ワインとか。

さて、スパークリング・ワインと言えば、
いくつかの製法があるのをご存知でしょうか?


・瓶内二次発酵
・シャルマ方式
・メトード・リュラル(田舎方式)


超簡単に説明しますと、
瓶内二次発酵は一次発酵を終えたワインを瓶詰し、糖分、酵母を加て発酵を瓶内で行う。
シャルマ方式は瓶では無く大きなタンクの中で発酵を行う。
田舎方式は一次発酵の途中で瓶詰を行う。

等々、まあ他にも製法があるんですが、こんな所でしょうか。

シャルマ方式は一度に大量に扱う事が出来るので、
デイリー価格のスパークリングに良く用いられていますが、
時々ビックリする様な味わいに出会う事もあり、意外に侮れなかったりします。

まあ、製法だけで味わいが決まる訳ではありませんから当然といえば当然ですね。
ノムリエ的には、「旨けりゃ何でも良いかぁ」と思っています。


さてさて、ワインが充実しているお店に食べに行くと
ついつい注文してしまうのが「パテ」では無いでしょうか?

軽く焼いたメルバトーストに、たっぷりパテを塗りたくっていると
味わいも然る事ながら、しばし喧騒を忘れ、
悠久の時を楽しむと言いますか、
何だかとても贅沢な時間のを過ごしている様な気がする訳です。


そこで本日の1品
田舎風パテの画像1
スボラ式 豚肉のパテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ


香味野菜と豚肉を炒めます。(タマネギ、ニンジン、セロリ、今回レバーは入れませんでした。)
 ↓
フードプロセッサーでペースト状になったら生クリームを加え混ぜる。
 ↓
一晩寝かせたら完成。


田舎風パテの画像2  田舎風パテの画像3


型に入れて蒸すのが本来ですが、
面倒くさいので先に炒めちゃってます。(なのでズボラ式。)


そして教科書的には
軽めの赤ワインか、香り高い白ワインを合わせるのですが、
ノムリエ的には、これでもかぁ~という具合に
パテをた~っぷりと塗りたくって、ガブリとやりながら、
南仏のちょっと濃い目の赤ワインで流し込むのが好きなんです。


の画像
クロ・バガテル キュヴェ・トラディション(サンシニアン)【赤ワインフルボディ


まあ、お店とかでは人目もありますし、
中々出来ませんから家飲みの時に限りますが。。。


さてさて、パテとテリーヌの違いって何ぞや?
と聞かれる場合が多いのですが、諸説ありまして、

パテ・ド・カンパーニュ 豚ミンチとレバーを合わせて焼き上げた料理。
・パテ 肉のミンチをパイで包み焼き上げた料理。
テリーヌ テリーヌ型に入れ固めた料理。

というのが一般的かと思いますが、ところが、

パテ → 温製
テリーヌ → 冷製

と仰る方もいて、
本当の所はどうなんじゃい?と思ったりしてます。

まあ、ノムリエ的には
「旨けりゃ何でも良いかぁ」とやはり思ったりしてますが・・・。

因みにガキの頃、千葉の田舎で野山を駆け回り育ったので、
ノムリエ自身は田舎方式で作られています(笑)



ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : パテ パテ・ド・カンパーニュ テリーヌ クロ・バガテル ラングドック 赤ワイン フルボディ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

チーズ フォーティファイド 魚醤 ラム肉 ノドグロ 焼き鳥 上品 アボカド 真魚鰹 シャンパーニュ法 ザボン  オニオングラタンスープ マリアージュ うに スパークリング タイラギ フリザンテ ドライ・マンゴー 活〆 もやさま 桜海老 獣系  コラーゲン 港区 ウニ  とさかバーガー ツマミ くもこ 二郎系 スープ イタリア 田町  リュットレゾネ シャンパーニュ セニエ法 食べ方 東京国際フォーラム ワインの王 ひうお ラーメン・ゼロ コート・デュ・ローヌ/モルドレ 赤ムツ ビーツ 白身  白身魚 テリーヌ ホタルイカ コニャック トサカ 辛口 もやもやさま~ず スパゲティ アルタ・エゴド・パルメ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ ドメーヌ・クロ・マリ 煮込み  タイラ貝 クリームチーズ 鰤しゃぶ ビオディナミ ナンプラー タマネギ パテ オーストリア・ワイン コンフィ バルサミコ酢 日本酒 氷魚 ヴィサン  お帰りマンゴー 鰤(ブリ) ピエール・フリック B級グルメ ラムチョップ レシピ バルバレスコ ひお ブリュンデルマイヤー パン粉焼き 鍋物 ピエモンテ ロゼ・ワイン コンドロイチン 高級魚 ビール  酒精強化 ばんぺいゆ 赤ワイン  こまい 牡蠣 レストラン シャブリ  カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン 金目鯛 冬瓜 クリスマス  ローヌ 塩焼き 血合 アルザス シラーズ 鶏冠 スロヴェニア 作り方 モツ 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り テロワール ヨーグルト メジマグロ フルボディ 観賞用 南アフリカ マナガツオ 真鱈 スロベニア お刺身 マグロ マテ貝 ハブ空港化 新羽田国際空港 ドメーヌ・ルモリケ ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ 針魚 コプチャン ボルシチ ビオロジック 魚粉系 バローロ パスタ 焼酎 らっきょう ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル 赤ワインソース リースリング・ビール ドメーヌ・ガントランディ 内臓系 世界三大スープ ベジポタ系 本鮪の子供 サヨリの様な ボルドー くるくるマンゴー ホルモン ゴーヤ チョンゴル ミョウバン 江戸 ラングドック カンプターラー・テラッセン キノコ マンゴー 毬うに 貝ヒモ ウッドブロック・サクラ・シラーズ 初がつお ビオワイン ブリオッシュ マルゴー 王のワイン 泡盛 ブルゴーニュ カルパッチョ ムラサキウニ コート・シャロネーズ 直接圧搾法 ジャック・セロス シャトー・パルメ シャンピニオン・デュクセル オーストラリア ゴーヤ・チャンプル カベルネ・ソーヴィニヨン 磯辺焼き 丼物 サヨリ 晩白柚 パテ・ド・カンパーニュ 7年 簡単 バターフィッシュ ミディアム・ボディ ソーヴィニヨン・ブラン ピノー・デ・シャラント フランス グリューナ・フェルトリーナー 刺身 ご馳走 白ワイン シャンパン オイル漬け 白子 ワイン マッシュルーム 九龍 砂肝 シロコロ ロゼワイン ラーメン クロ・バガテル ベルトネ メイタカレイ フジッリ サワークリーム ニュージーランド 精巣 氷下魚 余り 相性 羽田空港 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。