スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個性的過ぎるのは、お嫌いですか???

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


南アフリカのワインについて述べられる時、
フランス・マルゴー村のワインを引用する場合がしばしばあります。

マルゴー村といえば・・・、
シャトー・マルゴーに代表される様に、優しくエレガントにして
女性的と賞され、優雅な味わいが魅力のワイン。

また、シャトー・マルゴーといえば、かの文豪ヘミングウェイが愛し、
孫娘が女性らしく魅力的になる様「マーゴ」と名づけた事でも知られていますし、
小説、失楽園で主人公と不倫相手とが心中する際
毒薬を入れて飲んだとされる。


エロいワインの象徴。。。(セクシーと言った方が良いでしょうか?)


一方、ニューワールドのワインの特徴は、

・果実味はあるが単調
・タンニンは豊富だがやや粗い

と言われています。もちろん生産者の手腕によって例外はありますが。。。

さて、南アフリカのワインに話を戻しますと、
フランス等の旧世界の特徴とニューワールドの特徴を併せ持つと言われます。

ワイン・ジャーナリストのジャンシス・ロビンソンも
「内向的な面がある」と評していたりします。

さて本日の1本はコチラ


カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨンの画像

カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン


実はこのワイン、10年程前に雑誌に掲載されていたのを契機に、
購入するようになり、以来ほぼ毎年飲み続けています。
価格は2千円以下で手に入る事が多いのですが、特別に思い入れのあるワインなんです(笑)

最初に飲んだ時、「同じブドウ品種を使っていても、
こんなに味わいが違うんだぁ~。」と感動したのを今でも覚えています。
ノムリエパワーがワイン業界に入るキッカケとなった1本と言っても良いかも知れません。

ノムリエパワーの知人に、

「女性とメシの趣味は、他人にトヤカク言われる筋合いは無い。」

というのが座右の銘という人がいますが、
そこに是非ワインも加えて欲しいなぁと切に思います。

値段の高い安いは別にして、1本のワインを
ある人は旨いと感じ、またある人は不味いと感じる。
そんな嗜好的な要素こそワインの醍醐味なのかなぁと、

ワイン・ラヴァー達はきっと、
また新たな出会いを求めて、今日もコルクを開けるのですね~。

さて、このカセドラルセラー、味わいは実にパワフル!!!
一口飲んだだけで果実味と強烈な個性が、口の中一杯に広がります。なので、
南アフリカのワインが内向的というイメージとは全くマッチしないんですけどね。。。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

tag : カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン 赤ワイン フルボディ 南アフリカ マルゴー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして♪
足跡から遊びにきました~!!

遡って読ませていただいたのですが、ワインにお料理に、、
美味しそうなものがいっぱいですね!!
ワインには興味がありますので、またお邪魔させてくださいね~♪

Re: No title

ソレイユ さん はじめまして、コメント有難う御座います。
いつも楽しくブログを拝見しております☆

紅茶も色々な楽しみ方があり、奥深くて面白いですよね~。
実はノムリエパワーは、コーヒーより紅茶派なので、
いろいろ教えて下さいね~。

相変わらず、美味しそうな物 紹介してくださいますね!
このワイン旨そう!

今週半ばから東京へ10日間営業旅行予定。
と言っても、大半は人と会って、飯食って
飲んで、がメインなんですが・・・
このワインどこで手に入ります?

それと、1つお願い。
私のブログに、このブログにリンク貼っていいですかね?

Re: タイトルなし

幸せな子孫へ さん コメントありがとうございます。いつもブログ拝見してます☆

KWVカセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨンは、
実はスーパーのマルエツで買えちゃいます。
(全店舗に置いてあるかはわかりませんが・・・。)
インポーターが国分株式会社という所なので、問い合わせすれば、
近くの取扱店を教えて貰えると思いますよ~。

リンクはもちろん大歓迎です。
10日間の出張大変ですね。飲みすぎて風邪など引かないようにして下さいね。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

ピエール・フリック フルボディ 本鮪の子供 ボルシチ 白子 氷下魚 ホルモン ツマミ 魚醤 精巣 桜海老 江戸  日本酒 磯辺焼き ドライ・マンゴー チーズ クリームチーズ うに メイタカレイ ドメーヌ・クロ・マリ 赤ワインソース ホタルイカ 高級魚 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン とさかバーガー 鰤しゃぶ B級グルメ 煮込み 田町 マグロ 初がつお ムラサキウニ ゴーヤ 塩焼き オーストラリア  もやもやさま~ず スープ リュットレゾネ ボルドー 九龍 サヨリの様な ヨーグルト  お刺身  ノドグロ 赤ムツ オーストリア・ワイン 南アフリカ 新羽田国際空港 ひうお ビオロジック ブリオッシュ パテ ビオディナミ マルゴー 羽田空港 作り方 貝ヒモ 焼酎 コート・シャロネーズ 鰤(ブリ) オイル漬け スロベニア ニュージーランド 白ワイン ベルトネ コンフィ 丼物 内臓系 タイラギ 活〆 ラーメン ドメーヌ・ルモリケ 毬うに 食べ方 ウニ  フジッリ コンドロイチン ロゼ・ワイン チョンゴル ピノー・デ・シャラント くもこ 焼き鳥 レシピ パテ・ド・カンパーニュ テロワール ラムチョップ スパゲティ マッシュルーム ご馳走 晩白柚 冬瓜 ひお ジャック・セロス バローロ 相性 ウッドブロック・サクラ・シラーズ 獣系 酒精強化 ヴィサン 刺身 テリーヌ セニエ法 スパークリング カルパッチョ トサカ 魚粉系 ブルゴーニュ ベジポタ系 ロゼワイン ザボン 二郎系 コニャック ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ マンゴー シャブリ オニオングラタンスープ 東京国際フォーラム バルバレスコ シロコロ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ パスタ コプチャン サヨリ スロヴェニア タイラ貝 ミディアム・ボディ 金目鯛 シャトー・パルメ アボカド ばんぺいゆ 白身 こまい マリアージュ らっきょう カンプターラー・テラッセン ドメーヌ・ガントランディ もやさま バターフィッシュ  血合 ラム肉  フランス コラーゲン 港区 マナガツオ バルサミコ酢 イタリア ピエモンテ お帰りマンゴー シャンパン グリューナ・フェルトリーナー シャンピニオン・デュクセル アルタ・エゴド・パルメ ゴーヤ・チャンプル 氷魚 白身魚 ナンプラー パン粉焼き 針魚 シラーズ シャンパーニュ タマネギ 上品 辛口  鍋物 くるくるマンゴー ハブ空港化 直接圧搾法 ミョウバン 観賞用 ワイン アルザス シャンパーニュ法 鶏冠 世界三大スープ 7年 メジマグロ  ソーヴィニヨン・ブラン コート・デュ・ローヌ/モルドレ ワインの王  フォーティファイド ビオワイン フリザンテ  キノコ モツ 真魚鰹 サワークリーム 王のワイン 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り ラングドック 牡蠣 ローヌ マテ貝 余り リースリング・ビール ビール ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル カベルネ・ソーヴィニヨン レストラン クロ・バガテル ビーツ 真鱈 ラーメン・ゼロ ブリュンデルマイヤー クリスマス 泡盛 砂肝 赤ワイン 簡単 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。