スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣といえばシャブリ???

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。

全国5000万人のオイスターファンの皆様。お待たせいたしました~。
というよりも何よりノムリエが待ち焦がれていたんですが。。。

そうです。
夏の猛暑の影響で今シーズンは不漁が続いていましたが、
シーズン終盤を迎えて、
ようやく立派なサイズの牡蠣に出会う事が出来ました。
この時をどれほど待ちわびた事か。

シーズン当初に、知り合いの中卸で牡蠣を見掛けても、


 ノムリエ:「おっ、牡蠣が出たね~。少し貰っていこうかなぁ!」
 中卸:「無いよ。」
 ノムリエ:「いやいや、この牡蠣だよ。」
 中卸:「食べなくていいよ。って言うかお前には売らないよ。」


と、にべも無い。。。

この様に築地では、時として
買う方より売る方が偉かったりします(笑)

とはいえ、確かにシーズン当初は小粒なモノが多く、
正直モノも余りよろしくありませんでしたからね~。

魚河岸にいた仲間には下手なモノは出せない!
っていうプライドなのでしょうか?


牡蠣1の画像
まずは生牡蠣で・・・。

ぷりっぷりとした食感と
じわ~っと凝縮された濃厚な味わいが堪りません。


さて、いつも悩んでしまうのが牡蠣と一緒に

「何を飲むか?」

という事ではないでしょうか?教科書的にいえば、

シャブリ
・ミュスカデ

ではありますが、幾らかの
生臭さが口の中に残るという方も多いのではないでしょうか?

丁寧に牡蠣を下処理すれば、それほど気にならなくはなりますが、
牡蠣好きとしては、その分牡蠣本来の味わいが損なわれてしまう気もします。

漫画「美味しんぼ」でも取り上げられていた様に、こと生牡蠣に関しては、
やはり日本酒ではないか?とノムリエも思っています。

それでも、例えば「寿司を食べに行っても」、「中華料理を食べに行っても」、
ついついワインを欲してしまうというのがワイン・ラヴァーの悲しい性。。。

そこで、牡蠣にひと工夫。


牡蠣2の画像
牡蠣のオイル漬け


油をひかず、熱したフライパンにオイスターソースを一振り。
 ↓
水分が抜けてきたらローリエなどハーブとニンニク、鷹の爪を加えたサラダ油に浸します。
 ↓
冷蔵庫へ、味がしみたら完成。


翌日~1週間くらい楽しめます。

ちょっとひと手間で様々なワインと合う前菜になりますし、
急なお客様にも対応できるお洒落なツマミに!

保存が利くのも嬉しい☆
冷蔵庫に常備して置きたい一品ですね~。


<50ccバイクの珍道中記 タイムロス 編>
ノムリエパワーはタマネギをみると「尼崎のおっちゃん元気かなぁ~?」といつも思い出します。
20代の時に、色々悩んだ時期があり、その頃の一人旅の話の続きです。。。

さて、さすがに4日目ともなりますと疲労困憊でした。
1日8時間位50ccバイクに跨っているのに加え、前日は嵐との戦い。
台風さえなければ伊勢神宮も拝めたし、今頃四国に入っていたかも知れないのに・・・。いっそ50ccバイクを捨てて大阪から新幹線で帰ろうかとも思いました。

でも、何も達成しないまま帰ってしまうのも何だか勿体無い。
天気も良いですし、ゴールまではあと少し(?)という事もあり
頑張っちゃおうかなぁ~。

と言うことで出発。
信楽の里でタヌキに見送られ、宇治を経由し一路大阪を目指します。

さて、大阪に着いたのは良いのですが、ここからが問題。
淡路・香川と渡り、うどんを堪能したいのですが
行き方が分からない。。。ろくに調べもせずに飛び出してきた罰ですね。


確か大阪からフェリーが出ていたと思ったので、まずは交番で確認。
「すみません。50ccバイクで淡路島に渡りたいのですが」と聞くと、
「そんなんは、明石からバンタンキセンに乗ったら、ええんちゃうの」とお巡りさん。

なるほど~、良い事を聞いた。そんな便利なものがあるのね~。
それならば、明石焼きも食べられて一石二鳥!と一路明石港へ向かいます。

明石港に着きさっそくバンタン汽船へ、ところがなんだか船が小さい。
こんなんでバイク運べるのかと疑いつつ
待合室に行くと自転車の料金表はあるけどバイクの料金表がない。。。

「ガーン!騙された。」

昔、漫才のネタで

東京人は道聞いても「知らん」と冷たい、大阪人は道知らんでもテキトーに教えよる。

というのがありましたが、まさにそれかぁ!と思いました。
(本当はちょっとした勘違いと確認ミスだったんですけどね。)

なんと大きなタイムロス。。。

明石焼きにもありつけず、それでは仕方無しにと神戸に向かいました。
一番安い乗船券を購入し部屋へ、
さすが一番安い部屋ともなると、エンジンルームに近い大部屋。
ですので当然窓も無く折角の神戸の夜景も見る事無く、今夜はここで1泊です。

薄っぺらの寝具が隅の方にあり、そして何より揺さぶられるエンジンの振動の中で
眠れるかなぁ~と心配しながら、就寝の準備をしている時でした。

「兄ちゃん、どっから来たの一緒に飲もうや!」

と声を掛けてくれる人が、見ると同じ大部屋に60代の夫婦が2組。
聞けば愛媛に里帰りという、威勢の良い尼崎の土建屋のおっちゃんでした。

それから、おっちゃんのビールと摘みで乾杯し、しばしの宴会がスタート。
東京から50ccバイクで四万十川を目指す私の話を興味深く聞いてくれました。
(もうひとりのおっちゃんは関西弁過ぎて何を言っているのか分かりませんでしたが・・)

自宅を出てからは殆どの時間をバイクに跨っていたので、
久しぶりに交わした会話で、心が温かくなる気がしました。

旅も4日目が終了となり疲労も蓄積していましたが、
もうすぐ四万十川に到着する喜びと
人の温かさに触れた事で新たなパワーが沸いてきた気がしました。

「一期一会ってとても大事だなぁ」と思う様になったのは、
このおっちゃんとの出会いがあったからかも知れません。

さぁ、夜が明ければいよいよ四国です。(不定期でつづく)

50ccバイクの珍道中記 嵐を呼ぶ男 編 【タイムロス 編】 四国 - 帰途 編


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

tag : 牡蠣 シャブリ オイル漬け マリアージュ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カキのオイル漬けってホントに美味しいですよね!

私はお酒を全く飲めないですが、酒の肴的な食べ物好きですよ(笑)

カキのオイル漬けも作った事あります(*^^)v

辛いのが苦手なのでタカの爪などは入れませんでしたが

それでも好評でしたe-420

Re: No title

八宝菜 さん コメントありがとうございます。

「カキのオイル漬け」は驚くほど簡単に出来るのに、
美味しくて、しかも保存が出来るというスグレモノですよね☆

これからもオススメの酒の肴をご紹介していきますね♪

No title

はじめまして!

「牡蠣のオイル漬け」美味しそう!
こういうのを家で作るって発想がありませんでした。

冷蔵庫に常備されていたら最高ですね。
これからも勉強させてください。よろしく!

こんにちは。

オイル漬、いいですね~♪
子供のころは牡蠣が苦手でしたが、
お酒が呑めるようになってからは好きです。
貧乏舌なのでワインは安物をガブガブと・・。(笑)

50ccバイクの方はノムリエさんだったんですね?@@;

Re: No title

ちゅんご さん コメント有難う御座います。

築地だと500gとか1kgとか注文の単位が大きく、余してしまう事も多いんですね。
なので余ったら「牡蠣のオイル漬け」にしてチビチビと楽しんでいます。

美味しいので、ついつい酒が進んでしまい、
それはそれで問題なんですけどね(笑)

これからも宜しくお願いします。

Re: こんにちは。

びびっちょん さん コメント有難う御座います。

ノムリエもガブ飲み系ワイン大好き☆
高級ワインをしっとりと楽しむのも良いですが、
みんなでワイワイ飲むのもワインの魅力のひとつだと思ってます。

たまに安くてもビックリするくらい美味しい
掘り出し物もあったりしますしね♪

50ccバイクの旅は次回最終回の予定です。
乞うご期待???

牡蠣にあわせる

はじめましてdoniekと申します

キャビアにシャンパーニュほどスパルタンな組み合わせではないと思うのですが
仰る通り生牡蠣にシャブリは厳しい時も多くある様に思います
ミュスカデの方が合わせやすいと思うのですが造り手によりますね

拙者のおすすめは
スタウトです
変な組み合わせに思われるかも知れませんが
なかなかのマリアージュだと思ってます
是非お試しください

Re: 牡蠣にあわせる

doniek さん はじめましてコメント有難う御座います。

噂には聞いてましたが牡蠣&スタウトは未体験☆
手軽に最高のマリアージュが楽しめるとあれば
高めの尿酸値の事はしばし忘れ、挑戦してみる価値アリですね~。

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

氷下魚 テリーヌ タイラ貝 サワークリーム スープ  泡盛 相性 針魚 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン オニオングラタンスープ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ ドライ・マンゴー 食べ方 ヨーグルト フジッリ 九龍 ブリオッシュ らっきょう 江戸 ソーヴィニヨン・ブラン マリアージュ ビオディナミ アボカド チーズ 7年 日本酒 二郎系 グリューナ・フェルトリーナー B級グルメ ツマミ シャトー・パルメ 簡単 タイラギ 赤ワイン ニュージーランド お帰りマンゴー 観賞用 ドメーヌ・クロ・マリ 焼き鳥 塩焼き 砂肝 コンフィ とさかバーガー 赤ワインソース ベジポタ系 くもこ もやさま モツ 作り方 マンゴー シャンパン シラーズ  ジャック・セロス ミディアム・ボディ ラム肉 真魚鰹 焼酎  ムラサキウニ 貝ヒモ チョンゴル 金目鯛 ベルトネ 新羽田国際空港 魚醤 マグロ ラムチョップ ゴーヤ・チャンプル 牡蠣 セニエ法 スロヴェニア 獣系 ブリュンデルマイヤー コート・シャロネーズ  丼物 うに レストラン ビーツ メジマグロ 鰤(ブリ) 毬うに   ばんぺいゆ コンドロイチン ウニ クリスマス ワイン ご馳走 港区 ドメーヌ・ガントランディ ボルシチ 田町 ボルドー 白子 ナンプラー   ハブ空港化 冬瓜 パン粉焼き ラーメン カベルネ・ソーヴィニヨン メイタカレイ マルゴー コニャック 王のワイン 内臓系 バルバレスコ ザボン ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ マッシュルーム タマネギ カンプターラー・テラッセン 桜海老 ワインの王 鶏冠 リースリング・ビール ピエモンテ カルパッチョ ノドグロ レシピ キノコ 刺身 羽田空港 ひお スパゲティ イタリア ピノー・デ・シャラント 煮込み  ヴィサン ロゼワイン バルサミコ酢 フルボディ ウッドブロック・サクラ・シラーズ 初がつお 直接圧搾法 スパークリング もやもやさま~ず 赤ムツ  シロコロ 世界三大スープ トサカ コラーゲン 白ワイン ホルモン パスタ お刺身 上品 磯辺焼き クロ・バガテル 鰤しゃぶ サヨリの様な ローヌ 晩白柚 活〆 白身魚 ビオロジック ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル ミョウバン ビオワイン シャンピニオン・デュクセル サヨリ 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り ブルゴーニュ 東京国際フォーラム テロワール マナガツオ リュットレゾネ ピエール・フリック フリザンテ シャンパーニュ 本鮪の子供 ひうお 魚粉系 くるくるマンゴー 鍋物 ラーメン・ゼロ マテ貝 ドメーヌ・ルモリケ フォーティファイド 南アフリカ こまい ビール 辛口 ロゼ・ワイン オーストラリア パテ バターフィッシュ コート・デュ・ローヌ/モルドレ クリームチーズ アルタ・エゴド・パルメ  パテ・ド・カンパーニュ 高級魚 オイル漬け 精巣 バローロ ホタルイカ 氷魚 ゴーヤ アルザス コプチャン 余り シャンパーニュ法 フランス シャブリ 白身 スロベニア オーストリア・ワイン 酒精強化 ラングドック 血合 真鱈 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。