スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読め無い→ 「蟶、馬蛤、馬刀」春が旬の貝。

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


ノムリエが良くリリーディングしている本に、
五木寛之の「生きるヒント」があります。
中でも、好きな一説は第1巻の「買う」というテーマです。
(何度読み直した事か・・・。)

ノムリエなりに要約すると、

「買う」という行為は、現代の日本では、
経済活動以外の何モノでも無く、
そのプロセスは失われてしまっている。

一方で、シルクロードの基点でもあったペルシャ地方では、
「買う」という行為自体が文化に昇華しているというのです。

そういった高度な文化の社会では、「買う」という行為も
単なる経済活動だけでなく、そこで得られる情報であったり、
或いは人間関係でさえも「買う」という行為に包括されている。


こうした文化が現在の日本でも色濃く残っている世界。
それが築地市場なのではないかなぁと思っています。

映画「always 三丁目の夕日」の様な世界観といいますか
古き良き日本のスタイルが色濃く残る築地では、
買い物もスーパーやコンビニの様にはいかず、
魚を1尾買うのも、冗談を言い合ったりして容易ではありません。

まあ、そもそも値段もあって無いようなもんですしね~。

だからこそ交渉に辿り着く前のトークが
値段を左右したりして大事だったりする訳なんですけどね。

こうした情報のやり取りが、無駄では無く、
新たな付加価値を生み出したりして、売る方も買う方もお互いに
プラスになっていくんじゃないかなぁ思っていたりします。


さて先日、築地を歩いているとマテ貝を見つけました。

マテ貝は円筒形をした10~15cmの2枚貝なのですが、
貝殻はべっこうの様ですが薄くて何とも貧弱。
しかも両端は、このペラペラな貝殻ですら覆われておらず、
少し身がハミ出ていたりして、とても奇妙。。。

この貝は、巣穴に塩を入れるとビックリして、
ニョキっと飛び出してきてしまうのを利用して漁が行われています。
う~ん、形だけでなく習性も奇妙。。。

ですが、食べるとこれが何とも旨い。
ちょっとB級っぽい味わいがまた良かったりする訳です。

この時期、居酒屋の定番メニューとも言えるマテ貝
バター醤油で仕上げたら、さぞかし旨いだろうなぁと思った訳ですが、

それだけでは、ちとツマラナイ。。。そこで、

「これはどうしたら良いの?」

といった具合に、すこし含みを持たせる質問をしてみました。
つまり答える側は、


・一般的な調理法を答える。(期待価値)
・鮮度や季節に応じた食べ方を答える。(願望価値)
・意外性のある答えを言う。(予想外価値)


という選択肢がある訳ですが、
流石というか今回は見事にやられました。
「ニヤリ」と笑って提供された
予想外価値のお答えがコチラです。


マテ貝のパン粉焼きの画像

白ワインで蒸し焼きにして、殻が開いたら
 ↓
トマトソースとパン粉を載せて、トースターで焦げ目が付いたら出来上がり。

マテ貝のパン粉焼きの画像
マテ貝のパン粉焼き


マテ貝といえばバター醤油、
という固定概念が見事に壊された一品となりましたねぇ。

某通販会社ではないですが、
買い物って「エンターテイメント」だなぁと思ったり致しました。


ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

tag : マテ貝

コメントの投稿

非公開コメント

マテガイ

食べたこと無いデス

食べてみたいなぁ

漢字


読めない^^;

Re: マテガイ

腹ペコ番長 さん こんちわっす!

確かにマテ貝はスーパーとかでは余り見かけませんが、
個人店の居酒屋さんとかで、たまに見かけますよ~。

春は旬の貝が沢山あるので、酒飲みには堪りません。

Re: 漢字

Boo さん コメント有難うございます。

蟶。。。

魚の漢字は難しくて読めない場合も多々ありますね。(^^;)

No title

nomuriepower様

マテ貝と言えば、むかし(彼是40年も前のことです)潮干狩りに行ったことを思い出します。
たしか、掴もうとしたら穴に隠れるので、『待て~え』と言うところからマテ貝の名がつけられたと言うホントの様な嘘の様な話があります。味は忘れました。当時は、マテ貝のパン粉焼きのようなお洒落な料理はありませんでした。穴の周りに塩を撒いて、満潮と勘違いして(私はそう教わりました)、マテ貝が穴から身体を出してきた隙に、一瞬で掴み、穴から出す。この醍醐味は忘れられません。ああ、潮干狩りに行きたくなりました。オヤジの戯言でした。

No title

マテガイ懐かしいです。子供の頃、潮干狩りに行って採ってましたよ~。トマト味のパン粉焼き美味しそうですね(^^♪ 私も八百屋さんや魚屋さんや朝市に行って、お店のおじさんやおばさん(お兄さん、お姉さんかも)に食べ方を聞いたりするのが好きです。話してるうちにオマケしてくれたりもするし♪ 買い物は私にとってはレジャーの一つです(^^)

Re: No title

ちょいcafeオヤジ さん こんにちは☆

マテ貝の名前の由来には諸説あるみたいですね。

それにしても潮干狩りは楽しそう♪
きっと、自分で獲ったマテ貝の味わいは格別に違いありません。
飲みすぎてしまうかも知れませんね~。

Re: No title

mittanR さん こんにちは~。

朝市懐かしいなぁ。
ノムリエもガキの頃、親父に連れられて朝市に良く行ってました。
ガヤガヤと騒がしい感じがお祭りの様で心躍りますよね~。

最初は職人気質で「恐いなぁ」と思っていたのに、
実は慣れると優しいヒトだったりとか楽しい出会いがありますね。

これからも素敵なレジャーを楽しんで下さいね。

こんにちは。

初めましてコメントです。

マテ貝にトマトとパン粉は初めて見ましたが、とても良いチョイスですね。
バター醤油しか知らなかったので新鮮です。

潮干狩りでマテ貝を取ろうと思ったのですが、素人(マテ貝玄人がいるならば…)の塩加減では全く出てきてくれませんでした。
上手な方は楽しそうにされているんですが。

築地には様々な食材があり楽しそうですね。
偵察に行かねば!

No title

いつも見て下さり有難うございます、
マテ貝は、こちらでは浜の小さい穴に、塩をぶち込んだらぴょこっと顔を出しますので
つまんで取り出します、何処でも同じでしょうか?
酢味噌でも頂きます。

Re: こんにちは。

ごろちゃん さん 初めましてコメント有難う御座います。

塩加減(笑)
実はちがう生物の巣穴だったりして☆

動画で見ると結構簡単に獲れているみたいですが、
やっぱりコツがいるんですね~。

Re: No title

レオンママ さん 毎度有難う御座います。

マテ貝がぴょこっと
少ししか顔を出さないので慣れないと難しいみたいですね。
レオンママさんは、ひょっとして達人???

サッと茹でて酢味噌もシンプルで美味しそうですね♪

No title

応援クリックしときましたよ^^

はじめまして。

訪問者欄から参りました、ありがとうございます。

「買う」について。
私の知る範囲ですと、ファッション販売の場には仰る要素が多少あるかと思います。市場のそれとは若干違う方向性かもしれませんが。
売る側買う側双方が会話を無駄、もしくは面倒と捉えがちなせいでコンビニの様なスタイルが主流になってしまうのでしょうか。
あと、売る側の知識ですね。直接お客さんと接する立場にある者に商品についての知識、ひいては客側が質問したいと思えるか、売る側が答えられるか…。
そこがスーパーのレジと、市場や服屋の差かと思います。
ヨーロッパの様に(勝手なイメージですが)野菜一つ買うのにも楽しんでショッピングできる環境に憧れます。
築地…マテ貝…会話からの予想外価値…うらやましいです(笑

Re: No title

杉野としあき さん 訪問有難う御座います。

今後とも宜しくお願いします☆


Re: はじめまして。

プリュス さん はじめまして!コメント有難う御座います☆

なるほど、確かにファッション販売には基本的価値である「着心地」以外の
付加価値的な要素が沢山ありそうですね。
(ノムリエは花より団子なので、ファッションには疎いですが・・・。)

お値段は少し高いかもしれませんが、専門店でのショッピングが
暮らしを豊かにしてくれるのではないかなぁと思ったりしています。

生活の中で、上手に使い分けられると良いですね☆

こんにちは

何かと忙しかったので、久しぶりにブログ拝見させていただきまました。

私は、マテ貝を今年生まれて初めてみました。

4日程前に我が家のおとうが、一人でマテ貝獲りに行って来て、
なんとも不気味な貝におどろいてしまいました。(笑)

やはり、獲り方は塩をまくそうなんですね。

でも私は、不気味だってので、食べれませんでした。

トマトソースパン粉のレシピを見たら、これならいけるかなーと思います。

ありがとうございました。

ではまた。

Re: こんにちは

かいきち君のかあちゃん さん こんにちは☆

確かにマテ貝は見た目が不気味ですよね。
食べると旨いんですが。。。

築地では観光の外国人が海鞘(ホヤ)とか海鼠(ナマコ)を見て
フリーズしているのを良く目撃します(笑)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

ピエール・フリック フルボディ 本鮪の子供 ボルシチ 白子 氷下魚 ホルモン ツマミ 魚醤 精巣 桜海老 江戸  日本酒 磯辺焼き ドライ・マンゴー チーズ クリームチーズ うに メイタカレイ ドメーヌ・クロ・マリ 赤ワインソース ホタルイカ 高級魚 カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン とさかバーガー 鰤しゃぶ B級グルメ 煮込み 田町 マグロ 初がつお ムラサキウニ ゴーヤ 塩焼き オーストラリア  もやもやさま~ず スープ リュットレゾネ ボルドー 九龍 サヨリの様な ヨーグルト  お刺身  ノドグロ 赤ムツ オーストリア・ワイン 南アフリカ 新羽田国際空港 ひうお ビオロジック ブリオッシュ パテ ビオディナミ マルゴー 羽田空港 作り方 貝ヒモ 焼酎 コート・シャロネーズ 鰤(ブリ) オイル漬け スロベニア ニュージーランド 白ワイン ベルトネ コンフィ 丼物 内臓系 タイラギ 活〆 ラーメン ドメーヌ・ルモリケ 毬うに 食べ方 ウニ  フジッリ コンドロイチン ロゼ・ワイン チョンゴル ピノー・デ・シャラント くもこ 焼き鳥 レシピ パテ・ド・カンパーニュ テロワール ラムチョップ スパゲティ マッシュルーム ご馳走 晩白柚 冬瓜 ひお ジャック・セロス バローロ 相性 ウッドブロック・サクラ・シラーズ 獣系 酒精強化 ヴィサン 刺身 テリーヌ セニエ法 スパークリング カルパッチョ トサカ 魚粉系 ブルゴーニュ ベジポタ系 ロゼワイン ザボン 二郎系 コニャック ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ マンゴー シャブリ オニオングラタンスープ 東京国際フォーラム バルバレスコ シロコロ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ パスタ コプチャン サヨリ スロヴェニア タイラ貝 ミディアム・ボディ 金目鯛 シャトー・パルメ アボカド ばんぺいゆ 白身 こまい マリアージュ らっきょう カンプターラー・テラッセン ドメーヌ・ガントランディ もやさま バターフィッシュ  血合 ラム肉  フランス コラーゲン 港区 マナガツオ バルサミコ酢 イタリア ピエモンテ お帰りマンゴー シャンパン グリューナ・フェルトリーナー シャンピニオン・デュクセル アルタ・エゴド・パルメ ゴーヤ・チャンプル 氷魚 白身魚 ナンプラー パン粉焼き 針魚 シラーズ シャンパーニュ タマネギ 上品 辛口  鍋物 くるくるマンゴー ハブ空港化 直接圧搾法 ミョウバン 観賞用 ワイン アルザス シャンパーニュ法 鶏冠 世界三大スープ 7年 メジマグロ  ソーヴィニヨン・ブラン コート・デュ・ローヌ/モルドレ ワインの王  フォーティファイド ビオワイン フリザンテ  キノコ モツ 真魚鰹 サワークリーム 王のワイン 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り ラングドック 牡蠣 ローヌ マテ貝 余り リースリング・ビール ビール ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル カベルネ・ソーヴィニヨン レストラン クロ・バガテル ビーツ 真鱈 ラーメン・ゼロ ブリュンデルマイヤー クリスマス 泡盛 砂肝 赤ワイン 簡単 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。