スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「毬(いが)うに」をさばく

毎度!築地ワインをこよなく愛するノムリエパワーです。


毬うにの画像1

この時期旬を迎えるのがムラサキウニです。
棘のある殻付のまま入荷される為、「毬(いが)うに」とも呼ばれています。

高級食材として扱われているウニですが、
苦手という方も意外に多く、その理由としては、
変な「臭み」や「苦み」があまり好きになれないという事なのですが、
ウニ自体にこうした要素があるわけではなく、
加工の段階で添加されているのです。

築地では「溶ける」「流れる」と表現するのですが、
ウニは衝撃に弱い為、輸送の段階で劣化してしまうので、
殻から身を取り出す加工の段階で、
ミョウバンやアルコールを加え身が崩れるのを防いでいるのです。

じつはこのミョウバンがあの独特の「臭み」や「苦み」の原因でして、
鮮度が良く、添加物をあまり使用していないウニで、
こうした不自然な味わいを感じる事はありません。
(その分お値段は高いですが・・・。)

さて、話を毬ウニに戻します。
毬ウニの場合は殻付のまま生きた状態で築地に届く訳ですから
当然ミョウバンなどの添加物が加わっておらず、
自然な味わいが楽しめるのですが、
一方で、開けてみなければ身がどれほど詰まっているかが分からないという
デメリットもあったりします。

毬うにの画像2

キッチン鋏で殻をチョキチョキと切って
身を取り出し塩水できれいに洗うのですが、
崩さない様にやるとなると結構大変なんです。

毬うにの画像3

それ以来、普段築地で目にする箱の中に
山盛りに並べられているウニを見る度に
綺麗に並べるのはさぞかし大変だろうなぁと思う訳です。

きっとウニの加工場のおばちゃん達が
一生懸命剥いてくれたんだろうなぁと想像すると
ウニの味わいが益々深いものになりそうです。

ワインと食材の宝庫!ノムリエな日々♪をご覧頂き有難う御座います。
ブログでご紹介したワイン築地の新鮮な魚介美味しそうと共感頂けたら是非
 ↓↓ポチっと↓↓ とお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

tag : うに ウニ ミョウバン 毬うに ムラサキウニ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

studio r (スタジオアール)という食写真専門のギャラリーウエブサイトを主宰しているReikoといいます。

studio r (スタジオアール)では、一般の皆さん(主にブロガーさん)から投稿される美味しそうな写真を掲載。毎日新しい写真が加わっています。よかったら一度ご覧くださいね。

http://www.studiorfood.com

No title

こんにちわ。築地からワインショップって私と反対です。ワインアドバイザーとしてメーカーにいて、そこから魚の仲卸です。いつも棚しみに読んでいます。これからもよろしくお願いいたします。

No title

ノムリエパワーさん、お久しぶりです。

本当に、ウニ加工工場のおばちゃん達に感謝ですね。見た目からして、あの中からウニを取り出すのは痛そうというのは分かるのですが、苦労はそれだけではないってことを今回初めて知りました。あらためて感謝です。

ウニの苦みの原因が、型崩れを防ぐためのミョウバンだとは、知りませんでした。ホームズはてっきり、鮮度が落ちるとウニの味が変わってしまうのだと思っていました。勉強になりました。

昔、釧路の寿司屋で食べたウニが、全く苦みがなくておいしかった(確か少し甘みがあったような)のを久しぶりに思い出しました。結構いい値段でして、ウニを食べた代わりに他のネタを2、3我慢して食べなかった記憶があります。高いものにはそれなりに理由がある、ってことでしょうね。

Re: No title

Reiko さん はじめましてコメント有難うございます。

サイトを拝見いたしました。
色々なレシピが合って楽しいですね。
メニューに困った時は参考にさせてもらいますね。
今後とも宜しくお願いします。

Re: No title

吉文 吉本 さん こんにちは!

なんと!似た経歴をお持ちの方が
いらっしゃるとは思いませんでした~。
ビックリです。

相変わらずの遅筆ですが、今後とも宜しくお願いします。

Re: No title

ホームズ さん 毎度です!

苦手な方は「ウニは苦くて臭い」と思い込んでいると思いますが、
実はミョウバンの味なんです。
なので現地で食すと全く違う味わいに驚くと思います。

>他のネタを2、3我慢して

ノムリエの場合はきっと我慢できないと思います(笑)
今後も餓鬼道まっしぐらで行きますよ~。

No title

ノムリエさん、おはようございますv-254

いつもわたしのブログに遊びに来て下さって、
ありがとうございます。
わたしもちょこちょこ覗いてましたv-238

わたしはシャンパンばかりでワインはほとんど頂きませんが、
ワイン頂くときは、ノムリエさんにアドヴァイスいただこうかな~って(^^ゞ

またお邪魔しますね!!

No title

お久しぶりです(^^)
うに、大好きです☆
これはテンションあがりますねぇ~(*^_^*)

No title

私もえぞばふんうにというネームですが
やはりウニは大好きですね~
やっぱりナマですね?

Re: No title

nene さん おはようございます。

いつも有難うございます。
ノムリエの周りにもワイン駄目だけど
「泡だけは飲む」という方も結構いますね~。

美味しい泡が入ったらブログでも
ご紹介していきますので気軽に遊びに来てくださいね♪

Re: No title

こんにちわ! お久しぶりですね☆

ウニをさばくのも結構楽しいですよ~。
食育にも良いかも知れませんね。

因みにノムリエはガキの時、
ウニの殻の内側にはワカメが
ビッシリ詰まっていると思っていました。
だってスーパーに置いてあるウニがそうだったんですから・・・。

Re: No title

えぞばふんうに さん 毎度です!

何でもワインのアテにしてしまうので、
「刺身で食べられるのにもったいない」と
良く怒られているノムリエですが
ウニだけは、そのまま頂く事が多いですね~。
(しかも醤油でなく塩で)

因みにワインショップ時代には、
「ウニと赤ワインは合うか」という実験を良くやっていました(笑)
高級なウニと高級なブルゴーニュのマリアージュ。。。

また怒られそうですね(笑い)

No title

はじめまして!ハルハルと申します。
いつもブログを拝見させていただいていますが、初コメです(^-^;

ウニ。。。
私の大好物なんですぅ♪♪
ウニについて、とっても勉強になりました!!

ありがとうございまーす(^-^)♪

Re: No title

ハルハル さん はじめましてコメント有難うございます。

ウニって美味しいですよね~。
旬の時期は値段も手頃になりますしね♪

最近益々遅筆に磨きがかかっておりますが、
今後とも宜しくお願い致します。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
ノムリエはランキングに参加中♪
ぜひ、ポチっとお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
検索フォーム
ノムリエのプロフィール

nomuriepower

Author:nomuriepower
週末は飲んでばかり・・・。
レストラン、築地魚河岸などを経歴に持ち、ワインショップでは仕入れ、メルマガも担当。理系ならではの???な文章で話題をさらう。
現在はEC関連の仕事をしていますが、水の入ったグラスをついつい回してしまったりと職業病は未だ健在。

週末は築地魚河岸に買出しに出向き、仕入れた新鮮な魚介で
ワインのあてをつくり楽しんでいます。

当ブログではnomuriepowerがめぐりあったワインや食材など美味しいものをご紹介していきます。

ノムリエ ブログ 最近のコメント
ノムリエ ブログ 最新記事
ノムリエ ブログ カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ノムリエ ブログ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ノムリエ ブログ 月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ノムリエ ブログ QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
あわせて読みたい
ノムリエ ブログ アクセス元ランキング
キーワード(ノムリエブログのタグ)

ウッドブロック・サクラ・シラーズ クリスマス 魚粉系 ボルシチ ピノー・デ・シャラント 刺身 ノドグロ 冬瓜 獣系 ゴーヤ・チャンプル リュットレゾネ 酒精強化 スロヴェニア シャンパーニュ シャンピニオン・デュクセル 東京国際フォーラム パン粉焼き 港区 氷下魚 赤ムツ カンプターラー・テラッセン ラーメン ブルゴーニュ ヨーグルト 相性 鍋物 磯辺焼き ゴーヤ オイル漬け サヨリ オニオングラタンスープ ローヌ オーストラリア ドメーヌ・ガントランディ お刺身 ラム肉 ワイン ベルトネ 羽田空港 メイタカレイ オーストリア・ワイン スパゲティ もやさま マルゴー マリアージュ 魚醤 ラーメン・ゼロ 辛口 血合 ワインの王 煮込み 王のワイン  晩白柚 パテ・ド・カンパーニュ くるくるマンゴー ピエール・フリック ラングドック こまい ビオワイン 観賞用 塩どら焼き,ロールケーキ,食べログ,柴又帝釈天,お取り 食べ方 本鮪の子供 カルパッチョ ひお パスタ 桜海老 コンドロイチン 田町 ご馳走 マグロ 焼き鳥  ソーヴィニヨン・ブラン スパークリング カセドラルセラー・カベルネソーヴィニヨン レシピ 時鮭,時知らず,親子丼,アボカド,ケーパー,マリネ  ミディアム・ボディ  ボルドー マッシュルーム フジッリ 上品 テリーヌ アボカド うに 白ワイン クロ・バガテル とさかバーガー シロコロ アルザス 活〆 サヨリの様な 泡盛 真鱈 ラムチョップ シラーズ 直接圧搾法  スープ ジャック・セロス 白身 お帰りマンゴー B級グルメ イタリア もやもやさま~ず 丼物 パテ フランス コラーゲン  セニエ法 クリームチーズ くもこ 世界三大スープ カベルネ・ソーヴィニヨン 作り方 焼酎  シャンパーニュ法 日本酒 ナンプラー スロベニア コプチャン モツ バローロ ドライ・マンゴー コンフィ 精巣 ウニ 初がつお フリザンテ コニャック タイラギ 針魚 金目鯛 バターフィッシュ 塩焼き 貝ヒモ リースリング・ビール チーズ チョンゴル ドメーヌ・クロ・マリ ピク・サン・ルー・オリヴィエット・ルージュ アルタ・エゴド・パルメ 余り ニュージーランド ビーツ 鰤しゃぶ タマネギ  サワークリーム 砂肝 氷魚 鰤(ブリ) ロゼワイン ツマミ コート・デュ・ローヌ/モルドレ シャブリ 白身魚 ブリオッシュ タイラ貝 マナガツオ フルボディ 赤ワインソース 二郎系 簡単 新羽田国際空港 ひうお 南アフリカ ムラサキウニ 7年 牡蠣 テロワール シャンパン らっきょう ロゼ・ワイン ピエモンテ マテ貝 バルサミコ酢 コート・シャロネーズ ベジポタ系 キノコ 高級魚 トサカ ヴィサン 鶏冠 赤ワイン 江戸 グリューナ・フェルトリーナー マンゴー ザボン ミョウバン 毬うに メジマグロ 内臓系 ホルモン ビオディナミ ハブ空港化 ホタルイカ ドメーヌ・ルモリケ バルバレスコ 真魚鰹   レストラン ブリュンデルマイヤー 九龍  シャトー・パルメ ばんぺいゆ ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル 白子 ビール フォーティファイド ビオロジック 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。